忍者ブログ

[PR]

2020/02/29/09:51  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

調理実習

2013/02/20/23:15  カテゴリー/[日常]こどもがいる日常

 今日はタロさんの公民館育児サークルの調理実習の日。自分の分だけじゃなくぴよさんの分のエプロンと三角巾も持って参加してきた。 
 タロさん達チビッ子はいつもの講堂でおもちゃを出して職員さん達が見ててくれ、親だけ調理室に入る。子供が泣いたら無理しないでって感じなので、フルで参加できる人、行ったり来たりの人、ずっと参加できない人がいる。タロさんは最初こそちょっとグズッたものの、横でぴよさんが遊び始めたのを見て安心したのか自分もおもちゃで遊び始めた。
 ぴよさんは最初だけ少しおもちゃで遊んで、途中から調理に参加。タロさんの様子を見に行くと、既におもちゃに夢中で全然気付かず、一人でチェーンリングを振り回して遊び続けていた。
 メニューはしらすごはん、豆腐ハンバーグ、団子汁、チーズボール、マカロニのきな粉和え、トマトかん。私は豆腐ハンバーグ作りの班になった。
 肉をこねる頃にぴよさんが参加したから、調理用手袋を1つもらってぴよさんにもこねさせてもらう。思った以上に邪魔だったけど、他のママさん達が暖かく歓迎してくれたうえに調理用手袋をもう1つくれたり、肉の粘りで引っ張られて抜けていく調理用手袋を抑えててくれたり、応援してくれたり褒めてくれたりで、



ペコリ(_ _*)(- -*)(*- -)(*_ _)ペコリ
ありがとうございます。本当にありがとうございます。



 その後はできるだけ邪魔にならないところで手伝いめいた事をさせる事にした。形成したハンバーグの中央を凹ませたりとか、余ったしらすご飯をラップを使って自分用のおにぎりを作らせたりとか。調理指導してくれたのは各保育所の調理師さん達5人なんだけど、いちいちぴよさんに声を掛けてくれるのが段々メンドくなってくる社交性のない私。
 さて実食タイム。タロさんは食べないだろうと思ったけど、案の定何を口に放り込んでも吐き出す。そのくせ私とぴよさんの食事は邪魔する。見かねた職員さんがタロさんを抱っこしててくれ、ぴよさんと一緒に落ち着いて食べる事ができた。ぴよさんが赤ちゃんの時から公民館に通ってきた甲斐あって、公民館の主事さんと職員さんは何かと手を貸してくれて助かる。ぴよさんは赤ちゃんの頃は人見知りゼロで、よその人と目が合うとめっちゃ笑う子だったから早々に名前を覚えられていた。集団に埋没する方が好きな私は甚だ迷惑だったんだけど、今にしてあの頃のぴよさんに感謝。 
 幼児食なんで味は薄味だけど、しっかり計算して作ってあるだけあって美味しかった。ただ、団子汁だけ微妙。出汁が生臭い。ぴよさんが1歳の時にもこの調理実習あったけど、あの時も汁物の出汁が生臭かったっけ(10/10/20の日記)。短時間でいりこから出汁を取ろうとしたせいで、生臭いんだろうか。
 そして食べている間も調理師さん達がぴよさんに声を掛けてくるのがメンドかった。

調理師さん
「おいしい?」
「頑張ったね」
「楽しかった?」

等々。こういうの面倒がっちゃいけないんだろうけど、タロさんを抑えつけるのに疲れていた私は途中から秘儀・聞こえてないふりをしてしまった。テーブルに向って座って食べてるとこの後方から話しかけられるもんで、つい。 
 片付けやら何やらで時間が押してたんで、とりあえず自分が使った食器だけ洗って、講堂の片付けは抜けさせてもらった。



ヽ(^◇^*)/
お昼からは女の子3姉妹ちゃんとママさんが遊びに来てくれる日なのさ~。



 でも長くなりそうなんで、一旦午前だけで切って午後からは別に書こう。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字