忍者ブログ

[PR]

2020/02/29/04:03  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

絵本選び

2009/10/14/10:59  カテゴリー/[育児]本のこと

 ここ最近、ぴよさんに買ってあげた絵本。


たんたん ぼうや (0.1.2.えほん)   くっついた   きゅっきゅっきゅっ (福音館 あかちゃんの絵本)


 選書基準は、

絵はシンプルで、媚びがないもの
言葉は耳ざわりがいいもの
ある程度の評価があるもの
出版社がしっかりしているとこ

 他にも、幼児言葉を極力使ってない(「ワンワン」じゃなくて「いぬ」と書いてあるみたいな)とか、母親の表現は「ママ」じゃなくて「おかあさん」って書いてあるとか。そこら辺を踏まえつつ、あとは私の好み。



☆:*・゚(●´∀`●)ホェ:*・゚:☆
やっぱり読み手自身が楽しめるものじゃないとね。



 候補は『おひさまあはは』『がたんごとんがたんごとん』『きんぎょがにげた』「だるまさんシリーズ」『たまごのあかちゃん』『もこ もこ もこ』「ももんちゃんシリーズ」etc.と色々あって全部欲しいくらいだったけど、3冊だけに留めた。
 『くっついた』はまだ定番絵本ってところまで行ってない気がするけど、ラストの「おかあさんとわたしが くっついた」「おとうさんも くっついた」がどうにも気に入っちゃったんで買うことにした。1年後くらいにはこの絵本を読んだ後に「くっついた」ってできるかなって思うと、そりゃ買っちゃいたいよ。
 一応、少し成長してからも楽しめそうな物を選んだつもり。今は絵とリズムを楽しんで、言葉を理解できるようになってきたら読みきかせ以上の遊びができるようにした。

 出産前にいただいた絵本、少し前に買った絵本、今日買った3冊で、ひとまずぴよさんへの絵本購入はお休み。今はまだ「繰り返し」が楽しいお年頃だし、私は少ない何冊かを繰り返し読んであげたいと思ってるんで、こんなもんかなと。
 手持ちの本の中の2冊は、まだちょっと早いかなって思える物。だからしばらくは、本当に私的少数精鋭。
 ストーリーを理解できるようになってきたら選ぶのも楽しいし、色んな絵本を読んであげたいんだけどな。私が「コレ絶対!」と思ってるのは、昔からある童話や昔話。創作もいいけど、ずっと伝わってるのは絶対欲しい。グリムはちょっと年齢高くないとアレだけど、浜田広介は必須。できれば挿絵が少なくて、その少ない挿絵が簡素なのにめちゃくちゃきれいなのを買いたい。
 本当なら私がストーリーテリングできるのが一番なんだけど。司書時代に児童担当にならなかったのをいいことに、かなり初期で放り出したもんな・・・。どんくらい初期かというと、本1冊を流し読みした辺り。あの頃もうちょっと勉強してれば・・・と、受験生みたいなことを考えてる。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック