忍者ブログ

[PR]

2020/05/26/00:25  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

9月に書く出産記 帝王切開後編

2009/06/04/00:00  カテゴリー/[日常]日常

 手術も無事終わったようだし、出るのを拒否し続けてきた赤さんも何の異常もない模様。ここの産院は出産後すぐから赤ちゃんと同室らしいけど私は帝王切開だったんで体が動かないため、1人部屋で眠っていた。
 看護師さんが入ってくる気配で目が覚めると、明るくて気さくだけどちょっとおっちょこちょいのMさんがいた。

Mさん
「傷の痛みはありませんか?」


「うーん、ちょっと痛いです」

 生まれて初めて内臓を切られたということがちょっとした衝撃となっており、この時の私には痛みに耐性がない状態になっていた。普段なら耐えれる痛みだけど、腹部と内臓を切った痛みだと思うと何か怖い。

Mさん
「痛み止め使います?」


「あ、お願いします」

 起き上がれないんで注射かな?と思ってたら、座薬を入れられた。赤の他人に座薬入れられるとか、記憶にないほど昔のことに違いない。親でさえ20年以上ないのに。
 それから数時間後。多分定期的な見回りなんだろう。またMさんがやって来た。

Mさん
「痛み、どうですか?」


「やっぱ痛いんですけど・・・」

Mさん
「あらら。うーん、陣痛とどっちが痛いですか?あはは」

 そりゃまあ陣痛の方が痛かった気がするけど、あれは骨盤が痛いって感じだった。この時は子宮が痛いと思う。


「陣痛の方が痛かったですけど、今は今で何か痛いんですけど・・・。でも我慢できる程度です」

Mさん
「もう1回鎮痛剤使ってみます?今度は注射になりますけど」

 ずっと点滴漬けで、今さら注射が増えてもどうってことない。お願いした。普通に腕にするんだと思ってたら、この注射はお尻にされた。生まれて初めてお尻に注射されたと思う。何で尻っぺたなんだろうか。
 しかし、次の見回りの時も痛みは引かない。まあ、にぶ〜い痛みが軽くあるだけだから、我慢しようと思えばできるんだけどね。
 それから、ずっと仰向けで寝てるんでお尻が痛い。少し体の角度を変えてもらったけど、痛い。このまま床ずれするんじゃないだろうかと思ってた。後でわかったことだけど、シーツがしわになっててその部分が膨らんでちょうどお尻に当たって痛かったみたい。
 相変わらずポコンポコンの音を聞きながら、寝たり起きたりを繰り返していた。これまでも病室でずっと退屈だったけど、術後は全く動けず赤ちゃんの世話もできないから本当に暇だった。眠くもないのにだらだら眠り、起きてもボーッとしとくだけ。産後すぐは小さい文字をみたりしちゃいけないと言うから、ケータイで遊ぶこともできない。ボーッとしてるうちにトロトロ眠って、またぼんやり起きて・・・。
 暇すぎてイライラするくらい、することがなかった。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック