忍者ブログ

[PR]

2020/02/29/03:54  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

義母の気使い

2012/02/28/09:09  カテゴリー/[日常]日常

 出産の時は旦那サンに赤さんを見てもらった後にぴよさんを福岡に連れて帰ってもらうことになってて、入院中は旦那サンの両親にぴよさんを預かってもらう。旦那サン自身は1週間休暇が取れたから、まあ心配ないかなーと思ってる。敢えて言うなら、テレビの見せすぎとお菓子の与え過ぎくらいか。



(`・ω・´)
状況や協力者の性格なんかを総合的に考えてベストと思われる方法!



と思ってたら今日旦那サンから連絡があって、義母がぴよさんを迎えに行く際に自分もついて行こうかと言い出した、と聞いた。



ヽ(;´Д`)ノ
えっ・・・えー・・・。
それはやだ・・・。



 長崎から福岡までは、レンタカーを借りて移動する。ぴよさんは旦那サンと2人だけで車に乗ったことはほとんどないから心配で、自分も一緒に行って道中ぴよさんの相手をしようかって事らしい。あと、産まれた赤さんを見たいという気持ちも多少あるんじゃないか、という旦那サン談。
 うーん、確かに福岡までの道のりは心配だ。休憩を多めに取ってもらうにしても、心配は拭えない。けど、来てもらった以上は当然産まれた赤さんを見てもらって、私にも会ってから帰ってもらう事になるだろう。手術直後で麻酔が効いたままの蒼白寝たきり状態は、出来れば見られたくない。親にさえ見られたくないのに、義理の親には尚更嫌だ。
 でも、ぴよさんの事も心配。旦那サンが運転し、後部座席でポツンと2時間くらいって大丈夫かなぁ・・・と。旦那サンがインターとかで楽しく過ごせるように工夫してくれるとは思うけど、車が進みだしたら振り返る事もままならないもんなぁ。義母が一緒だったらぴよさんの福岡までの道中は楽しい物になるだろうから、ぴよさん第一に考えるんなら来てもらうのがいい。
 どうしようどうしようどうしよう・・・と深々と悩んだけど、結局出産前後くらいは自分にとってベストな状態を作らせてもらおうと決めた。帝王切開の手術は午後。短時間でもいいから午前中に旦那サンとぴよさんと会って、最後の家族3人での団欒をしたい。私も腹を切る前に、頑張ろうって気になれると思う。義母に席を外してもらうにしても、どっかで待ってる義母に気を遣っちゃいそうだもん。手術前や手術後はナイーブになりそうだし、そういう時って私は獣に戻って排他的な気分になりそう。出産で頑張るのは・・・まあ、一番頑張って欲しいのは執刀の先生だけど、とりあえず耐えるのは私。
 この決定を旦那サンに伝えたら、旦那サンがバッサリ断ってくれる事になった。断るなら断るで、問題は旦那サンの断り方。あいつは多分、にべもない断り方をするだろう。旦那サン両親には妹の結婚式に来てもらうことになってるんだけど、そこで

義母
「ヤスはこう言ってたけど・・・」

と言いそう。つーか、100%言うだろう。直接断る覚悟も決めておかなきゃねー。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字