忍者ブログ

[PR]

2020/02/26/01:33  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

わかり合えない

2011/06/12/22:17  カテゴリー/[日常]こどもがいる日常

 ぴよさんが『だるまさんと』という絵本を暗唱できるようになった(6/10の日記)。嬉しくて嬉しくてこの喜びを誰かと分かち合いたかったけど、旦那サンは今とっても忙しいから報告メールも無反応。旦那サン以外の身内にわざわざメールするのも気が引ける・・・と思って、旦那サンが土日で帰って来るのを待つ事にした。ぴよさんがたどたどしく読むのを見たら旦那サンも多少なりとも感動してくれるかと思うと、見せるのが楽しみだった。
 そして週末。土曜日は仕事だったうえに大雨で高速が通行止めになって帰れなかった旦那サンは、日曜日の昼前くらいに帰って来た。見るからに疲れてそう。だけど眠くないから寝ないと言うし、ご飯も後でいいらしい。



(`・ω・´)ノ
では!



と、ぴよさんが旦那サンの膝にいる時に『だるまさんと』を渡した。
 開いてすぐには読まず、数秒は最初のページのイチゴさんを見つめるぴよさん。やがておもむろに、小さい声で読み始める。

ぴよさん
「いちゅお さん と・・・」

旦那サン
「ぴよー、ぴよー、これなに?
いちごさーん。
ぺこっ。
ほら、ぴよもぺこー」

 ぴよさんの小さい声をかき消して、旦那サンがいきなりトークを始める。ページも勝手にめくる。ぴよさんは新たなページを、これまた小さい声で読み始めたのに旦那サンは気付かずに話し続ける。



(#`皿´)
ブチッ





「ちょっと!何でもう少し待てないの!?
ぴよが読むのを聞いてって言ったやろ!?
何でやすが読んでんの!」

と、思わず怒鳴ってしまった。
 ぴよさんと2人でずーっと過ごす事は、それほど大変じゃない。家事は旦那サンがいる時の半分程度でいいし、旦那サンが残業費稼いでくれてるんで私は結構頻繁に息抜きさせてもらってる。たまに煮詰まってムキーッてなることもあるけど、部屋が片付いてからは大体夜には治まってる。週に1~2回は旦那サンの実家にぴよさんを預けてるし、本当にどっちかと言うと楽してる。でもね。



(´・ω・`)
ぴよさんの成長を喜び合える人がいないのが、何かとっても寂しい。



 だから2回ほど私の実家に滞在してみたけど、あそこは別の意味で長期滞在がつらい。で、戻ったらやっぱりこの状況。
 旦那サンは元々淡泊な人だし読み聞かせへの興味は薄かったから、ぴよさんが絵本を暗唱し始めたって報告メールした時もリアクションは薄いだろうなぁとは思ってた。薄いどころか返信なかったんだけど、それはいい。想定の範囲内だ。だけどね、



(ノ-_-)ノ~┻━┻
実際見せようとしてんのに、その興味のなさは何なのっ!?



と、気が短くて癇癪持ちの私はブチギレしてしまったわけですよ。そしたら、

旦那サン
「もー。
しほはすぐ怒る」

だと。



"o(▼皿▼メ;)o"プルプル
言いたいことはそれだけか・・・?



 リアクションが薄いのは、まだいい。旦那サンの現在の激務を考えると、仕方ないって思える。けど、ぴよさんが読むから見ててって言ってるのに、いつも通り自分が読むとは何事だ。これは私が言った事が右から左へ受け流されてるってことだ。もーね、私が年寄りだったら、頭の血管が切れてたかもしれない。
 その後旦那サンは無事ぴよさんの『だるまさんと』を聞く事ができ、それなりに感心してたけど私の怒声ですっかりテンションが下がってたから感動は皆無だったみたい。
 誰かこのスットコドッコイ野郎をどうにかしてくれ。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック