忍者ブログ

[PR]

2020/02/26/00:03  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

21日に書く18日のこと

2009/09/18/00:21  カテゴリー/[日常]日常

 朝から健康保険センターに電話してみると、4ヶ月健診のお知らせは少なくとも9月末までには来る予定で、ぴよさんは10月7日の健診に該当するらしいことがわかった。旦那サンの出張は9月末から。少なくとも1週間は1人で子育て。もちろんぴよさんは愛してるし大切だけど、やっぱ日本語が通じない人なんでずっと2人きりかと思うと鬱になりそうだ・・・。

 さて、この日18日は友達のマンションに遊びに行き、夜にレンタカーで実家に帰る予定だった。ところが前日になって、旦那サンが残業になりそうだからレンタカーを借りるのはやっぱり19日の朝になりそうと言い出す。一応ギリギリまで頑張ってみるけど、どうしても駄目だったら夕方頃レンタカー屋に電話するとのこと。最近ずっと残業続きで、終業予測時間をことごとく裏切られてきたんで何となく覚悟はできていた。
 というわけで、友達のEちゃん宅へ出掛ける前に夕食のハヤシライスを作り、次の日の朝食としてスコーンのタネを作る。旦那サンは朝が苦手だから、起きてすぐは食べれない。だから朝から出掛ける日は必ず外食になるんだけど、前にも書いたとおり今月は金銭的にかなり崖っぷちの生活なんでSAなんかでがっつり食べられるとたまらない。というわけで、車内で簡単に食べられる物を考えた結果だ。
 ぴよさん連れだったんでかなり早めに家を出たんだけど、予想以上におりこうにしててくれたんで地下鉄&博多駅から博多南駅までの新幹線はかなりスムーズだった。博多駅で新幹線乗り場に行く時、エレベーターを見付けられなくてエスカレーターごとベビーカーに乗ったら上り切ったところでベビーカーが倒れそうになって悲鳴をあげそうになったくらいだ。ベルトのおかげでぴよさんは眠ったままだったんだが。二度としません。はい。
 Eちゃんは現在妊娠中なんだけど、猫を飼っている。この猫ちゃんがやたらと人見知りで、遊びに来た友達の脚に飛びかかったりする子。私は初めてこの猫ちゃんと会った時、飛びかかられはしなかったものの触ろうとすると「フーッ!」とか言われた。こういう猫ちゃんなんで、Eちゃんは赤ちゃんが生まれたらどうなることかと非常に心配していた。というわけで、ぴよさんで実験をしてみる。
 猫ちゃんは小さい人間に会うのはぴよさんが初めてらしい。少し距離を取ってぴよさんを見せてみると、威嚇はしないものの尻尾がブワッと広がった。あぶね・・・。その後も猫ちゃんはぴよさんが気になって仕方ないらしく、常に一定の距離を取りつつこっちを見ている。最初はベランダに出て、開いている網戸の隙間からじーっと。しばらくしたら廊下に移動してじーっと。またしばらくしたらテーブルの上に移動してじーっと。またまたしばらくしたらキッチンカウンターの上からじーっと。必ず座った格好で、揃えた前足に尻尾をくるっと巻き付けている。最初は私を見てるのかと思ってたけど、どう見てもぴよさんを見ているようだ。
 途中でぴよさんをソファの下に寝せてると、場所的に見にくかったのか猫ちゃんはいなくなった。・・・と思ったら、何とソファの向こう側で下から覗いていた。 

09_09_18_01.jpg 
 
 そんなに気になるのか。
 動物は大好きだけど容赦はしない主義の私は、多少警戒しつつもEちゃんとのおしゃべりを楽しんでいた。日頃日本語が通じない人と2人きりの時間が長すぎるんで、とにかく何でもいいから話したい。友達は出産や子育てに対する不安などがたくさん。散々話して日が陰り始めてるのに気が付くと、6時ちょっと前になっていた。


「あ、じゃあそろそろ・・・」

Eちゃん
「電車の時間調べてあげるよ」

 しばしEちゃんを待つ。

Eちゃん
「6時4分。次が7時4分」


「・・・ごめん。7時のやつまで待たせて・・・」

 来る時に帰りの時刻調べとけっつー話で。
 旦那サンにメールしてみると、仕事はどうやらもうすぐ終わりそうだという返事。博多駅で合流すれば、帰りは私が楽できる。Eちゃんは迷惑だろうけど、私にとっては怪我の功名だった。
 7時過ぎ。旦那サンは無事仕事が終わり、私と合流できた。彼は仕事が早く終われそうだったからレンタカー屋にはまだ電話してなかったらしく、「今すぐ急いでレンタカー屋に行く」「レンタカー屋に電話して明日借りる」の2択迫られた。その日のうちに行った方が時間を有効に使えると判断し、赤ちゃん連れだけどレンタカー屋まで早足で頑張った。
 車でアパートに帰り、ハヤシライスを仕上げてぴよさんの子守りをしながら交代で食べる。旦那サンがぴよさんをお風呂に入れてる間に実家に帰る支度。夜のうちに焼いて朝食べる予定だったスコーンは実家で焼くことにする。
 私もお風呂に入って、とりあえずいつも通りの授乳口付きTシャツ&ジャージという寝巻スタイルになった。出掛ける前にさて着替えるか・・・と思ったけど、よく考えたら実家に着くのは日付を越えてる頃。着いたら親に挨拶して寝るだけなんで、このままでいいじゃん。と、そのままの格好で出掛けることにした。で、何だかんだで夕食&お風呂&片付け&準備(飼いうさぎの小雪の分も)を2時間半で済ませ、10時半前には出掛けられる状態になった。
 近くの駐車場に停めていた車をアパート前に持ってきてもらい、旦那サンが荷物を少しずつ運んでくれてる間に私はぴよさんを後部座席でチャイルドシートのぴよさんをあやしてる。自分サイドの窓には完全に背中を向けてたんだけど、荷物を持ってきた旦那サンを手伝うために外に出た時に気付いた。



( ̄ロ ̄lll)
ま、窓に唾吐かれてる・・・。



 そりゃ路駐してたけどさ・・・。これにはかなり凹んだ。レンタカーだったから気持ちの凹みで済んだけど、自分ちの車だったら泣いてたかもしれない。まったくもって悪質だ。
 ちょっとブルーな出発となった直後、旦那サンが叫んだ。

旦那サン
「ETCカード入れるとこがない!この車ETC対応じゃない!!!」


「え!?レンタカーでETCじゃない車ってあったの?」

旦那サン
「知らん。あーあ、1000円で行けんくなった。下道で行く?」


「んー、任せる。下道なら親に到着時間遅れるってメールしなきゃ」

 この出来事がダメ押しとなって、本当に泣きそうになった。窓に唾の件も、単品なら怒りのみだけどETCカードとの相乗効果で悲しみに変わり、旦那サンが見えない後部座席に乗ってる事をいいことにこっそり涙ぐむ。
 呼吸を整えた頃、旦那サンは高速へと続く道を走らせてることに気付いた。


「ん?高速乗るの?」

旦那サン
「ん。だるいけんいいかなって思って」

ああ・・・。
 しかしその直後、

旦那サン
「あ、ETCカード入れるとこあった!!!」




〇|_| ̄ =3  ズコー



 今時ETC非対応のレンタカーなんか聞いたことないと思ってたけど、やっぱないよね。


「あ!そういえばエンジンかけた時、ナビが『ETCカードが挿入されて挿入されていません』って言ったじゃん!」

旦那サン
「もっと早く思いだしてよ」


「どんまい」

 窓の件とETCとの相乗効果による悲しみは単純に窓の件だけによる怒りに戻りました。めでたしめでたし。
 旦那サンがSAにあった水で流してくれたんで、私もこの件は忘れることにして。実家へのお土産を買ってなかったんで、そのSAで車から降りた。って、私はTシャツ&ジャージの寝巻スタイル!!!
 旦那サンは土産物を選ぶのが下手なんで、私が行かないわけにはいかない。翌日から連休が始まるんで、夜のSAとはいえ人が多い。Tシャツはともかく、ジャージ姿を家族以外に見られる日がくるとは・・・。多分高校の時に体育の時間に指定ジャージ着てた時以来だな。

旦那サン
「どんまい」

 誰も私なんぞ見やしないとわかってても、何か恥ずかしい。この羞恥心はきっと大切に違いない!でもうっかりこの格好してる時点でアウトな気がしなくもない。
 実家に着いたのは午前0時半頃。車の中で熟睡していたぴよさんは、抱きあげられてぼんやりしている。旦那サンの出張の件は早めに言っておこうと話し始めた。


「実はやすしさん(両親に話す時は“さん”付けで話す)が9月末から11月末まで出張になりそうでさ・・・」

ぴよさん
「びえぇぇぇぇ」

 はい、話し合い終了。両親も何となく悟ったっぽいんでいいか。ぴよさんをいつも通りの添い寝授乳で寝かしつけた時には1時を過ぎてんたんで、夜更かしばばあの母にだけ旦那サンの出張期間は実家に世話になりたいという話をする。
 4ヶ月健診を受けた後の土日に移住することになるだろうから、早くて10日間。旦那サンの出張が早まれば2週間くらいぴよさんと2人きりの生活。母は私が短気であることをよく知っている。知った上で抑え込んできた人なんだけど。そんなわけで、結構心配していた。1人で抱え込んで鬱になってぴよさんに殺意を覚えそうになったら即連絡するんで大丈夫ですよ。
 いつもは時間が経つのが遅いんだけど、この日はやたらとバタバタした。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック