忍者ブログ

[PR]

2020/02/26/01:11  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

魔女の宅急便

2009/07/31/23:16  カテゴリー/[日常]日常

 金曜ロードショー『魔女の宅急便』を見た。懐かしいなぁ。
 子供の頃は『魔女の宅急便』はあまり好きじゃなかった。初めて見たのは小学校高学年だったと思うけど、魔法が使えなくなった理由がよくわからなかったのと、ジジの言葉が理解できないまま終わったのがスッキリしなかったから、



(≧ヘ≦)
なんこれ意味わからん



みたいに思っていた。あと、主題歌も好きじゃなかった。ユーミンは小学生には早すぎた。
 ある程度大きくなって、飛べなくなった理由は何となくわかった。でも、ジジの言葉を理解できないまま終わった点がどうしても納得いかないまま。やっぱあんまり好きじゃない。
 で、今日改めて見たわけなんだが。何かジジと話せないままなことがどうでも良くなってしまった。ついでに、初めて見た時の気持ちも思い出した。今までできたことができなくなる事が、子供心に恐ろしく感じたんだよなぁ。あの頃は上手く説明できなかったんだけど。昔はさー、感受性が強い子供だったのだよ、こう見えても。



ヽ(;´Д`)ノ
なんでこんな大人になっちゃったんだかわかんないんだけど。



 途中赤さんがぐずったのと、ちょいちょい入る旦那サンの茶々(デッキブラシに跨って集中するシーンで「これで飛べんかったら頭がおかしい人やね」等)が入るのが面倒ながら、何とか全部見れた。
 見終わって、ジジの言葉を理解できないまま終わることに何か意味があるように感じてネットで検索してみる。どうやら魔女が飼ってる黒猫は友達的なもので、黒猫に代わる存在ができたら言葉はわからなくなるらしい。なるほどねー・・・。



(-"-)
わかりづらい設定だな。



何かジブリって、『魔女の宅急便』辺りから“表現されてないところは想像で補いなさい”的なオーラが出るようになった気がする。昔のは、表現されてないところは自然に受け入れられる程度の不思議だったんだけど、近年のはわりと重要な個所を描いていない。意図的かと思うほど。
 『魔女の宅急便』の原作では、キキが飛べなくなることやジジの言葉に関することはきちんと描かれているとか。いつか読んでみようとおもいつつ、読まないままだったんだよなぁ。映画とは違った話らしいし、敬遠したままだったな。そのうち娘のために買うなり借りるなりしたらいいかな。きっと一緒にジブリ映画見れるようになってるだろう。
 ちなみに、うちの旦那サンはジブリが嫌いだ。説教くさいところが嫌いなんだそうだ。あと、物語の空白を想像させようとしている感じが嫌いだと言っていた。要するに、さっき書いたようなとこが嫌いみたいだ。うちの旦那サンは理路整然とした本が好きな人で、ファンタジーとかは苦手な人だ。ジブリは合わないだろう。
 こんな感じで元々それほど好きじゃなかったらしい。加えて、ジブリファンの中には「ジブリ映画嫌い」と言うと、いかにジブリ映画が素晴らしいかを語る人が多いからますます嫌いになったんだそうだ。まあ、気持ちはわからんでもないな。双方とも。
 私は良くできたフィクションが好きだけど、旦那サンはドキュメンタリーが好きだ。赤さんはどう成長するんだろうか。できれば、両方とも敬遠しないで読める人になってほしい。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック