忍者ブログ

[PR]

2020/02/29/10:31  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

花火大会

2009/08/02/19:26  カテゴリー/[日常]こどもがいる日常

 昨日は近くの公園で花火大会が開催される日だったんで、旦那サンの実家に避難した。0歳児には泣くこと必至の距離で花火が1時間半ほど打ち上げられ続けるんで、やっぱ考慮してあげようかと。
 相変わらず、義母が気を遣いすぎて大変だった。孫に服とか買ってあげたいという気持ちはあるらしい。私としても、是非買ってほしい。兄からもらった中古服はたくさんあるけど、新品もあると嬉しいじゃないか。
 しかし

義母
「趣味が合わないといけないから、一緒に買いに行ったらいいよね」

と仰る。うーん、一緒に買いに行ったら、私は絶対安いの選んでしまいそうだ。何か遠慮してしまう。義母の金銭感覚もわからないから、なおさらだ。わざわざ待ち合わせて行くのも面倒だし。
 大体さ、ベビー服に趣味とかあるか?フリフリしか着せない!とかブランドはこれじゃなきゃ!とかいう人だったら難しいと思うけど、私は「似あいさえすればどんなのでも構わない」って思ってる。本当、適当に買ってきていただきたい。
 女の子のベビー服のかわいさって異常だ。大抵の女性は、女の子のベビー服を選ぶのに喜びを感じるはず。子供嫌いの私でも、姪の服を選ぶのは楽しかった。義母もその楽しみを味わうため、今のうちにじゃんじゃん勝手に見に行ってくれたらいいと思う。
 そんなわけで、何度か


「趣味とか特にないですよー。似合えばいいと思ってます」

とは言っている。最初はお礼だけ言ってたけど、あまりにも買いたそうにしてるんで言い方を変えた結果だ。しかしどうしても、趣味が合わないかもしれないのが気になって仕方ないらしい。まあどうしても勝手に買いづらいならそれはそれでいい。ただ、「趣味が合わないといけないから云々」を言われるのはもう10回以上になるんでいい加減言われるのがきついんですが。
 そんなわけで昨日は旦那サンから義母へ、赤さんに似あいそうな服があったら適当に買ってくれて構わない的なことを言ってもらえるように頼んでおいた。

旦那サン
「うちの母ちゃんは『安かったから』とか言って、値段だけで変な服買ってくるような人だけどいいの?」


「安さだけで買うんだったら、赤さんへの愛情がそれだけのもんだって思うからいいよ」

 私の頼みを受けて旦那サンは実家で、ベビー服に関して確かに言ってはくれた。

旦那サン
「ベビー服が安かったら適当に買っといて」

 いやあの・・・。「うちの母ちゃんは安売りの変な物買ってくるから嫌」と言ってたのはどこのどちら様ですか?安かったらってあなたが言ってるじゃないですか。よくわからん人だ。もしかして、親に気を使って“あんまり金掛けないでいいよ”って意味でそう言ったのか?まあ子供服なんて数ヶ月も着たら用済みになるんだから、多少変なの買ってきてもダメージは少ないからいいか。
 息子から許可を得た義母は、慌てて私の顔を見た。

義母
「でも趣味があるから・・・」


「いえ、特にないですよ。似合えばいいと思ってます」

 しばらく考え込んだ義母。その後・・・。何色がいいかを4〜5回聞かれた。赤さんに言いながら私に聞くという形で。

義母
「何色が似合うかなぁ。黄色?オレンジ?」

と何度も。どうしても私の趣味に合わない物を買ってしまうのが怖いらしく、色を限定したいみたいだ。私的には赤だろうと青だろうと緑だろうと、赤さんに似合うデザインをしてたら何でもOK。買ってさえもらえれば。
 ほんと、気ィ使い過ぎですよ、お義母さん。
 ちなみに私は気を使わなさすぎて、「お手伝いさせてください」も言わなかった。いや、赤さんがぐずったりしてきつかったんで。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック