忍者ブログ

[PR]

2020/05/26/00:39  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

転院のつもりが

2012/02/07/17:18  カテゴリー/[日常]日常

 これから検診・出産・一ヶ月健診でお世話になる予定の産婦人科に行ってきた。ぴよさんを産んだ時にもお世話になったとこなんだけど、女医さんだし中心街にあるから人気の産婦人科。
 一通り測定やら説明やら受けた後のエコーで、先生は内臓をひとつずつチェックしてくれた後に

先生
「片方の腎臓が少し腫れてるみたいですね。前の病院では、何か言われましたか?」

と言う。前の病院では何も言われてないと答えながら、今まで言われた事ないから一時的な物?と勝手に考えてた。
 さらに、

先生
「うーん、羊水がちょっと少なめと言われた事ないですか?」

 これも返事は


「ありません」

 今まで行ってた産婦人科は、ぴよさん妊娠中に行ってたレディースクリニックと違ってそこそこ大きい産婦人科。先生も3~4人いて日によって診てくれる人は違うけど、誰からも言われた事はない。だからこれも、一時的な物?それとも個性とかあんの?と軽く考えていたんだけど。
 先生の話によると、腎臓が腫れてるのが片方だけ。でも膀胱を見る限り尿はちゃんと出てる。もしかしたら腫れてる方に異常があるのかもしれないし、腫れてない方に異常があって腫れてる方が頑張りすぎてることも考えられる。ここのエコー検査では、腫れてるっていう事以外はわからないとの事。羊水は、あちこちの空間の長さを計って8以上になるべき数値が7.2しかないそうだ。で、

先生
「もっと大きい病院で検査してもらった方がいいと思います」

と。市内の総合病院に行けばいいのかと軽く考えてたけど、そこはあんまり専門の先生がいないから・・・と市外の医療センターか大学病院を勧められる。どっちがよりお勧めとかはないそうなんで、とりあえず近い方でお願いして紹介状を書いてもらう事にする。
 迎えに来てくれた父にその事を話し、指定日に連れて行ってもらう事になった。家に帰ってぴよさんとお昼ごはんを食べた後、昼寝させながらモバイル検索で調べてみる。羊水に関しては、過少と言われ続けながらも無事出産した人もいる。でも、少なすぎると危険だから帝王切開をする事もあるそうだ。帝王切開はもう覚悟できてるから、それはそれでいい。
 腎臓に関しては水腎症という病気があって、産まれてから成長に伴って自然と治る場合、手術が必要な場合があるそうだ。 
 とりあえず、両方の事を調べた時に書いてあったのは 「気にし過ぎない方がいい」 とのこと。気にし過ぎない方がいいと言われて気にしないでいて、実は深刻な事態だったっていうのが一番つらい。多少気にしておいた方がいい気がする。
 とはいえ、福岡の病院では「順調です」「(測定して)普通ですね」くらいしか言われた事ないから大丈夫なんじゃないかなぁと、ついつい楽観視してるとこ。今はただただ、遠くて大きい病院に行くのがメンドイ。総合病院とかの大きいとこってすっごい待たされるから、考えただけでダルい。
 今日転院してあとはずっと安心して通えると思ったら、場合によっては大きい方の病院に転院かもって言われて宙ぶらりん状態なのが何だかなぁ。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字