忍者ブログ

[PR]

2020/02/29/10:32  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

旦那サンが冷たい

2013/05/30/19:02  カテゴリー/[日常]日常

 毎年この時期、旦那サンと喧嘩する。旦那サンは湿度が苦手というか 大嫌い で、毎年梅雨の時期は妙にイライラしてる。普段は私のだらしなさも理不尽な逆ギレもまとめてスルーなんだけど、この時期は変に気に障るらしい。で、あまり話さなくなる。私が構わずに話し続けても無視する事さえある。そうなると、短気な私は当然イライラ。会話をしようとしない旦那サンにキレるわけなんだけど、

旦那サン
「蒸し暑くてイライラするんやけん、そんな喚かんで・・・」

と苛立ちを抑えた声で言われてカッチーン。


「はあ?なら最初に『イライラするけん、あんまり話し掛けんで』って言えばいいやろ。黙ってイラついて無視とかしといて、何その言い様は!(怒)」

 言い分にムカついて、さらに喚く私。これ以上言っても無駄と悟るのか、旦那サンは意外とあっさり折れる。と言っても、

旦那サン
「はいはい」

と言うだけなんだけど。これでこの次の日くらいから態度が改められる事もあるけど、変わらなかったらもう私の我慢の限界を超える。


「家族として仲良くするつもりないなら、家族やめよう」

旦那サン
「・・・・・・どうすればいいと?」


「はあ?この前言ったとにわからんぐらい、あんたは 馬鹿 なわけ?」

旦那サン
「・・・・・・」


「あんたは会話のない家族が良くて、私は会話のある家族がいいんやけん、もう無理やん。
家族止めよう」

旦那サン
「・・・・・・明日からイライラせんようにする」

 とまあ大体こんな感じの会話を、性懲りもなく毎年やる。落ち着いてる時の旦那サン曰く、蒸し暑さでイライラして八つ当たりしそうだから話さないようにしてるらしい。じゃあ一番最初に言えよ。「蒸し暑くてイライラするから、しばらくご迷惑おかけします」とか。まあ、そんなに丁寧に言わなくてもいいけど、感情抑えてる段階で何か言えよ。
 さらに、

旦那サン
「うちの両親はそんなしょっちゅう会話はせんよ」


「それがやすの中の理想の夫婦なら、私と合わんよ。
出て行こうか?」

というパターンもあった。
 ちなみに離婚後、私は頭を下げて実家に帰るつもり。親権は渡さない。裁判になっても、親に土下座してお金借りていい弁護士雇う。足りなければ、兄に土下座してでも。まあ、たかだか離婚問題でそう大金が必要になるとは思えないけどさ。旦那サンはうちの両親を小金持ちだと思ってるんで、資金的に勝ち目はないのはわかってる模様。
 でもねー。兄と仲悪い私。親権のためなら土下座くらいどうってことないけど、兄に土下座するくらいなら離婚しないよなぁ・・・なんて思ってる事は内緒。ま、親権は基本的に母親が取れるもんみたいだけどね。
 まあ長々と前提を書いたけど、今年もその時期がきてる。結婚6年目だけど、未だにひっそりとイラついてる旦那サン。例年ならそろそろ離婚話を切り出す頃なんだけど、今年はちょっといつもと違う。


 
(;´Д`A ```
暑さでイライラしてるのか、タロさんに深い火傷を負わせた事で怒ってるのか、判断がつかない。



 後者だった場合、私には負い目しかないんで大きく出れない。思い返せば、タロさんが火傷を負った日から旦那サンがあまり話さなくなった。義母もそうだけど、旦那サンも過ぎた失敗は責めても仕方ないって人。だから火傷の件で旦那サンから責められてはないけど、あの日からあまり口をきいてくれなくなってる。しばらく様子見ながら過ごしてきたけど、早々に私の限界が来た。ぴよさんとタロさん連れて、実家帰ろうかしら。


「ねえぴよ、長崎のおじいちゃんとおばあちゃんちに行きたい?」

ぴよさん
「やったー!行きたい行きたい!明日行くと?」


「うーん、その前にちょっと教えて。
今度からずーっと長崎のおじいちゃんとおばあちゃんちで住むの、どう思う?」

ぴよさん
「嬉しい!」


「でも、幼稚園辞めないといけないよ。で、(姪その3)ちゃんと同じ保育園に行くことになるよ」

ぴよさん
「うん、いいよ。
(姪その3)ちゃんと行くけん」


「じゃあさ、○○ぴよ(フルネーム)じゃなくて、××ぴよ(私の旧姓+名前)になるの、どう?」

ぴよさん
「面白いと思う」

 うーん、実際本当に離婚しても問題ないのか?
 数日間こっちからもあまり話さないできたけど、こっちから話さない分会話は本当にない。でも、旦那サンは頻繁にリビングにいる。本当なら四六時中部屋にこもってネットサーフィンやらゲームやらしてたい人なのにリビングで暇を持て余してる様子は、喧嘩した時に仲直りしたいと言う旦那サンの合図。特に、私が好きなバラエティのダビングを点けるのは確実にそう。
 ただ、喉元過ぎれば熱さを忘れるタイプの私は、最初の負い目がちょっと薄れ始めてる。毎度旦那サンの仲直りしたいサインをキャッチしてナチュラルに仲直りするのが癪になってきた。
 もーね、まじで実家帰っちゃおうかな。でも、明後日は義実家でぴよさんの誕生日会なんだよなぁ。義母は料理の材料を買い始めてる頃だろうし、義父はよく食べる嫁のためにお菓子を色々買ってくれてるだろうし、義妹はプレゼント買ってくれてるみたいだから、中止の事態も申し訳ない。あと数日だけ様子を見るかな。
 話変わって、ここ最近私の頭の中の大部分を占めてるタロさんの火傷。焼けて死んだ皮膚が白くなって貼りついてた状態だったけど、剥がれ始めて赤みの強いピンクになってきた。これが回復に向かっている状態らしい。ただ、湿潤療法のせいで生々しい肉って感じなのが怖い。
 傷は5cmくらいの長さの物と、一旦途切れて3cmくらいの物がある。3cmくらいの方が若干軽くて、全体的に赤っぽいピンク。5cmの方はまだまだ白い。

先生
「表面が覆われるまで、最短でも1ヶ月かかります」

との事。



(;´Д`A ```
「実家に帰らせていただきます」はその後か?



とか、薄ぼんやり考えてるところ。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字