忍者ブログ

[PR]

2020/05/29/01:25  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

婚約の儀

2011/11/05/17:22  カテゴリー/[日常]日常

 11月3日に妹の結納があった。旦那サンが前後の日に休みが取れたから、2泊3日で私の実家に帰省。3日は朝からバタバタそわそわって感じだった。正式な結納の手順は知らないけど、一応我が家の手順は

  1. 我が家の親戚(父の姉達、母の弟、私達兄妹とその家族)を呼んで、まずは親戚は別室で待機。うちの両親、妹、兄夫婦だけ座敷に入る。
  2. 妹彼氏一家が来たら座敷に通し、床の間に結納の品々を置く。結納の品々が並べられた結納の儀を行う。
  3. 結納の儀が終わったら親族紹介って事で、私達親戚一同が呼ばれて雑に紹介(雑なのは父の性格。シャイ親父なのでさっさと済ませようとする)。
  4. 妹彼氏一家に客間に行ってもらい、我達は座敷で食事会の準備。
  5. 食事会。

って感じ。私と旦那サンの時もこうだった。
 結納中は私はボンヤリ待ってるだけのつもりが、無駄吠えする実家の犬を餌で釣って黙らせたり(私の事は他人としか思ってないから、餌が必須)、油断するとうるさい姪達を静止したり、姪達&ぴよさんと遊んで必要以上にはしゃがせる旦那サンを叱ったりとそれなりに大変だった。旦那サン、今日も元気に空気が読めない男。
 ところで、私と旦那サンが結婚する時も結納やったけど、福岡から長崎っていう距離もあったし、旦那サンの家がそういうの疎いし面倒くさがり。加えて義母のお父さんが結納1週間前に亡くなった。亡くなったお祖父さんからしたら孫の祝い事だからと結納はやる事になったという経緯がある。冠婚葬祭に疎い&面倒くさがりが大きい理由だとは思うけど、結納の品々も略式で、簡単だった。
 だけど妹彼氏はうちの実家よりやや田舎の方の人。食事会の仕度のために座敷に入って見たら、結納の品々はやっぱり豪華。

11.11.3.1.jpg

 左の棚にある物は我が家ので、赤い布に置かれてる物達が結納の品々。水引細工の松竹梅に鶴亀に、能の『高砂』の「お前百までわしゃ九十九まで。共に白髪にナントカカントカ」(うろ覚え・・・)にちなんだ翁・嫗人形とか、どうすんだコレ。新居に飾るのか?酒は小樽2つに加えて、さらに2升に熨斗付けて・・・これはうちの母親が飲んべぇだからいいとして。本来は赤飯を持ってくるらしいけど、ここは省略して餅米と小豆。めちゃくちゃ大きい鯛2匹とか、結構高かったに違いない。母行きつけの魚屋さんに頼んで、出張して来てお造りにしてもらった。

11.11.3.3.jpg

 写真じゃわかりにくいけど、本当に大きい。50cmくらいある。しかも2匹だよ・・・。
 婚約指輪は妹彼氏の母親の物を作り直してから、いただく事になったんだとか。



(人´∀`*).。:*+゜゜+*:.。.*:+☆
そういうのが一番いいんじゃないの?



 婚約指輪なんかに無駄金使わなくていい!と旦那サンに頑なに婚約指輪を買わせなかった私としては、受け継ぐパターンがベストだと思った。貧乏症な私がアリと思える、最低限の乙女心。台座のデザインは妹彼氏がやったとか、それなりにヒューヒューなポイントもあるし。
 食事会は、姪達&ぴよさんのおかげで無駄に賑やかだったし、親族代表で一緒に来た妹彼氏叔母夫婦が話題を振ってくれたりして、それなりに緊張も少なく済んだ。こういう時って子供がいると、本当に助かる。話が途切れそうになったら、子供の話をすればいいもん。折良く私も妊娠してるし、話題には困らなかった。姪達も、ほぼ毎週妹に会いに来る妹彼氏に懐いてるし。
 裏方に徹してた私だけど、妹彼氏一家が帰る時に座敷の出口に座って「今後とも・・・」みたいなご挨拶をした時には、末席に座ってた私が一番前にいる形になってしまった。だから私が三つ指ついて、


「ふつつかな妹ですが、どうぞよろしくお願いいたします」

と頭を下げて精一杯の姉らしい事で結納の儀を締め括った・・・と思ったら、「ます」ぐらいで座敷の前の廊下を姪その2がプラズマカー
11.11.3.jpg

↑ こいつに乗ってゴーッと疾走。全員苦笑い。この日の中で唯一私の表立った行いだったのに、台無し。
 ちなみに苦笑いの後、

妹彼氏母親
「いえいえ、可愛らしいお嬢さんで・・・」

と返された。



。・゚・( つД`)・゚・。
お世辞でも「ふつつか」部分は否定してもらえない我が妹。



 妹は末っ子で放任育児されたために個人主義。悪く言えば配慮が足りないとこがある。大人として気付くべきポイントに珍しく気付いたとしても、「まいっか」で何もしないみたいなとこがある。普段はいい。嫁ぎ先が都会でも問題ない。ただ、妹が嫁ぐのは田舎だ。そんなんで田舎の長男の嫁が務まるのか!と、マジで心配。私も心配だけど、親もめっちゃ心配してる。
 ちなみに私は、親的には “まあ、嫁がせてもギリギリ大丈夫なレベル” に躾けたつもりらしい(親は知らないだけで、結構できてないのは内緒)。でも妹に関しては、色々出来なさ過ぎて “ただただ心配” 。心配って親の躾け不足なんだから、そんな心配は自業自得だとは思うんだけど。
 そもそも、家事全般がさっぱり。料理駄目(やった事ないってレベルに近い)、部屋は汚部屋(彼氏ができて改善されたけど、結婚に慣れた頃に・・・ってならないか心配)、洗濯は母任せ。基本的に手伝いとかしない子だし手伝わなくても許されていたから、こんなんなっちゃったんだよ!もーっ!!!
 例えば今回の事で言うと、妹彼氏一家が帰った後に母と私と義姉とで後片付けに勤しんでるのに、妹は姪達と遊んでるだけ、とか。「自分もしないといけない」って事に、露ほども気付かない子。むしろ旦那サンの方が片付けは手伝ってくれてるくらいだった。些細な事かもしれないけど、こういうのが随所にあると「ふつつか者」だよ、本当。
 片付けの事を母親にその事を告げると、


「そうだっけ?気付かなかった」

 私が片付けしないでいたら、厳しい声で嫌味言うくせに。こういう事が多々ある。私的には妹が心配っていうのも大きいけど、何で私ばっかり・・・っていう悔しい気持ちも相当あるわけで。この点をあんまり言うと、親は「被害妄想」とか言う。我が親ながら、本当にもう・・・。
 不満ついでに旦那サンの不満も。田舎の常識がよくわかってない旦那サンは、色々いらん発言をする。

  • 結納の時に姉である私達が別室待機だった事について「なんでお兄さん夫婦は行って、あんたは仲間外れなん?」
  • →私は他家に嫁いだ身で、実の姉とはいえもう〇〇家(うちの実家一族)の者じゃないからだよ!
  • 母が結納の時のお茶出しを義姉に頼んでたら、「しほは結納中は暇なんやろ?しほがしたら?」
  • →長男の嫁がするって事でいいの!(まあ、私のお茶出し作法が不確かって事もあるけど、この際は置いといて)
  • 食事会が始まってしばらくしてから義姉と私とでお吸い物とお赤飯を運んで来たら「1個ずつ配ればいいとやろ?」と手伝おうとする。
  • →男はどっしり座ってて!
  • 食事が落ち着いて話中心になってきた頃に義姉と私とでお客様方に食後のコーヒーを出しててたんだけど、お皿が多いから少しだけお皿を下げながらコーヒーを出してった。旦那サンはもう片付けるんだと思ったらしく、「皿とか全部ガンガン運んでいいと?」
  • →ガンガン片付けたら、はよ帰れって言ってるみたいなもんでしょ!ていうか、冠婚葬祭の時は頼むから男はどっしり座って酒でも飲んでて!うちのお兄ちゃんぐらい無駄にどっしり座っててもいいから!

 それぞれ普通の声量で言うから、ヒヤヒヤする。特に、旦那サンには田舎の男尊女卑はなかなか理解してもらえないみたい。冠婚葬祭では男は一族の「顔」なんだから、貫禄を漂わせつつどっしり座ってて欲しいんだよ!裏方的なことは全部女がするもんなんだよ!・・・って旦那サンの一族見てたらなかなか理解できないのは仕方ないよなぁ。福岡って都会ってほど都会でもないと思ってたけど、福岡の中心街近くで生まれ育った旦那サンはやっぱり思考は都会寄りだと思う。
 ちまちまとした面倒は起こしながらも、滞りなく終わった結納の儀。考えてみれば、妹は彼氏ができて変わったよなぁ。私が知る限り初めての彼氏だと思うんだけど、彼氏が毎週来るから汚部屋→雑然とした部屋って程度になったのはもちろん、服装も女らしくなった。ずっとカジュアル系ギャルファッションだったのにシースルーのチュニック着たりさ、脚太いのにショートパンツ履いたりさ、「痩せたい」といいつつ痩せれないという幸せ太りっぽい事もやらかしてたりさ、化粧品も何だか容器とかが可愛い奴ばっか集めるようになったりさ、オタクだったのに(09/8/8の日記)彼氏に活動隠してた揚句いつの間にか止めちゃったしさ、マンガコレクションも控えめになったしさ。


「お姉ちゃんの恋愛の話聞いてて、別に彼氏欲しいとか思わんし」

と、彼氏作らないでいるのは私のせいか!?それともただ単に彼氏できない言い訳か!?みたいな事も言ってた子なのに・・・。私は昔、元彼とゴタゴタ起こした揚句に妹に警察呼んでもらって解決とかやらかした事ある身なんで、妹にそんな事言われると言い返せない。



。・゚・( つД`)・゚・。
結納の時に着物着たいって自分から言うなんてさー。
彼氏に着物姿見せたいなんて、女らしくなったもんだ。



 さーて、愛する妹の結婚式で私は泣くかなー。自分の時には泣かないどころか、ずっと「はよ終われ」って思ってただけだったけど。妹の結婚式、化粧が汚くなると嫌だから一応泣かないように頑張るつもり。

拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック