忍者ブログ

[PR]

2020/06/02/05:52  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

冷静に考えてみる

2011/02/08/23:57  カテゴリー/[日常]日常

 旦那サンに対して腹立ちが収まらないことについて、距離をおいた状態でじっくり考えてみる。考えてみれば、嫌なことを言われたって出来事が立て続けに3回あったんだよなぁ。
 1回目は、結婚してから再三言ってることを守ってくれないことについて、またやらかしてくれたんでイラッときて怒った時の事。些細なことだけど、計算してみたら既に300回近く注意しても毎回うっかりやらかしてくれる事がある。最近はそれが起こり得ないようにしてたんだけど、久々にやられたんでまたブチ切れた。そしたら

旦那サン
「あんただって、できてないこといっぱいあるやん」

とティーンズ並みの論点のすり替えをして来た揚句、そこを指摘すると

旦那サン
「じゃあ勝手にむかついとけば?」

って言われたこと。ちなみにうちの旦那サンは、基本的に謝らない。「謝ってもその事自体がなくなるわけじゃないから、謝らない」という謎の理論を持ち出した時に、それは人間としておかしい、あんたはどういう育ち方をしたんだと文句を言って、小さな事では謝るようにはなった。でも私が怒ってると、これまた謝らない。この点に関しては、もう子育てしてる気分だ。あんたの親はどういう躾けしてきたんだ!?とはさすがに言えないけど、言いたい。
 まずこの点について冷静に考えてみると、まずは旦那サンは最近仕事が忙しいみたいなんで疲れてたんだろうとは思う。何をされても怒らない旦那サンが、珍しくイラッと来てたのは見て取れた。でもねー。キッチンツールが入ってる引き出しは埃が入るのが嫌だから必ずきちんと閉めてって、300回言われても毎回忘れて半開きのままってアホじゃなかろうか。あ、いかんいかん。冷静に考えるんだった。とはいえ、この時私はまだ妊娠初期の状態。ホルモンのバランスが崩れて、些細なことで凄まじいイライラが襲ってくるという情緒不安定な時だった。それは言ってあったはずなんだけどなぁ。
 ちなみにこの後辺りから、旦那サンの夕食を用意しなくなった。「遅くなる時は軽く食べるから、面倒なら作らなくてもいい。でもあれば食べる」と言われてるけど、こんなにずっと作らなかったのは初めてだと思う。それに関しても、旦那サンは「しほが家事をサボってる」としか思ってないんだろうなぁ。あと、パーソナルエリアを広めに取ってるのも、何も思ってないだろう。あー、むかつく。やっぱ冷静に考えるって、無理。
 2回目は、ぴよさんから始まった嘔吐が旦那サンと私にもうつってった時。ぴよさんと私が先に治り、旦那サンが一番重症化して熱もかなり上がった。日曜日だったんで病院は開いてない。風邪薬は先日旦那サンが飲みつくしてから、買い直してない。私自身も病み上がりなうえ、これまた病み上がりのぴよさんを連れて薬を買いに行くのも嫌だったから、自力で治してもらうつもりだった。そんな折。

旦那サン
「濡れタオル持ってきて」

と言われた。先にも書いたけど、私は病み上がり。さらに生理が来て出血が一番ひどい時で、流産まっさかり(?)の時。生理痛に似た鈍痛を抱えつつ、ぴよさんの相手をしていたから、すぐには動けずに一呼吸か二呼吸か深呼吸をしてから立とうとしたら、それより先に旦那サンが

旦那サン
「あーもう!使えん!」

と怒鳴って自分でタオルを濡らしに行った。使えんって、アンタ・・・。私は出血が始まった事は言ってあったし、出血がひどくなってきた事も言ったんだけど。忘れたのか。忘れんなよ。
 ここでまた冷静に考えてみて。まあ、具合悪くていっぱいいっぱいだったんだろうなとは思う。普段の私なら、後で軽く文句言う程度で引きずらなかったとは思う。でも先の「勝手にムカついとけば」以来、何か旦那サンに歩み寄ろうとする気持ちが湧きでない。この件は腹立ちワードの相乗効果で根に持ってるだけだと思うから、まあ怒りゲージを下げてもいいか。
 3回目は、流産が確定した時の事。旦那サンは2月・3月に熊本への単身赴任が決まってたから、もし普通に妊娠してたらぴよさんを抱えてつわりで苦しむことになる。その事を心配はされていた。ところが、間違いなく流産だったと報告したら、

旦那サン
「俺の単身赴任が入ったから、流産してかえって良かったと思う」

 いい事あるか、馬鹿者。ちなみに、慰めの言葉とかはなかった。この時も、普段の私ならドカーンと「良くないやろっ!」と怒ったと思う。だけど先の「勝手に(以下略)」と「使えん」で、何か関わり合うのが馬鹿馬鹿しくなって黙ってた。この件は、冷静に考えてもやっぱムカつく。
 とまあ、冷静に考えてみてもやっぱ無理。旦那サンは真面目に話し合うとかそういうキャラじゃない以上、やっぱ物理的に距離ができたのは良かったのは間違いない。でも冷静に考えてもムカつくという結論が出た以上、どうにか話し合わない事にはこのまま仮面夫婦になってしまうかもしれない。
 3つ挙げてみると、ひとつひとつは些細と思えなくもない。でもやっぱ3つが短期間で起こったこともあって、あれもこれもムカつく状態。
 元々「耐える」っていうのが苦手な私は、旦那サンの心ない一言シリーズを我慢して水に流すっていうのが上手くできない。だけど飄々とした性格の旦那サンときちんと話し合えるかどうかも定かじゃなくて、シミュレーションの度に失敗している。そんな中、元彼が夢に出てきたりとかして、これが俗に言う倦怠期ってやつなんだろうなとしみじみ感じている。
 私は普通の主婦の方々よりも欠点が多いと思う。真冬は極端に家事をサボるとか。すぐ体調崩して家事を休むとか。そうじゃなくても掃除をしないとか。突然怒り出すとか。他にも色々。その辺を全部まとめて受け止めてくれてる旦那サンに感謝しつつ、私も旦那サンの欠点を受け止めるのが理想なのかなぁ・・・と、ちょっと冷静っぽいことも考えてみる。うーん。「耐える」って難しい。
 ま、結論はいつもと同じになりそう。



┐(´-`)┌
なるようになるさ。



 やっぱそれしかないわ。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

無題

大丈夫かな?
世の中には本当に本当に色々な人がいて、色々な考え方がある。
今、私もその真っ只中で、今は別の家族になった身内ともめまくっていて、そのせいで新しい家族で必要のない揉め事が引き起こったり(こちらはパパのお陰で大事には至っていないけれど)

自分が「常識」「普通は・・・」だとしても他人には「常識」「普通」ではないことがあるってことを知っておいて話をしないと本当に馬鹿をみるというか話し合いにならないんだなって痛感しました。(ジャックで少し話したかもしれないお嫁さんとの価値観の違いとかね・・・)

ってなんだかわけわからないことを書いてしまったけれど、何もかも時期が悪いのも災いしてるね。
今は距離を置いてお互い冷静に・・・かな。旦那様はしほさんのここまでの心境をどこまで把握できているのかわからないけれど・・・
でも話さないと何も解決しないし、伝わらない。
そして、育った環境はとてもとてもその人の人生を左右するから。それを変えようとするのにはものすごい時間と労力がかかるよね。結婚も育児もある意味「忍耐」だと私は思っていま~す


おせっかいコメント失礼っ゛(*・・)σ凸

pたん | URL | 2011/02/11/Fri 21:26 [編集]

無題

>pたんさん
ありがとうございます。
物理的な距離って本当に有効で、おかげで随分落ち着いてきました(^^;)
仰る通り、時期が悪かったんですよねぇ。

連休は一応一緒に過ごしましたが、私の実家に行ったし色々忙しかったので、ゆっくり話す暇はないままでした。
今週話せるかなー。
でもうちのダンナは良くも悪くも全てを受け流すタイプで、ストレスを溜めない代わりに受け止めて欲しい事も右から左なんですよね。
きっとムーディー勝山もびっくりのはず。
とはいえ私の方も1週間で随分落ち着いてきましたし、あと1週間経つ頃にはもっと頭が冷えてるかもしれません。
会社は本当にいい時期に出張を命じてくれました。
距離は置けてるし、出張費+残業三昧で給料も増えることを考えると、今はどちらかと言うと気分いいくらいです(●´∀`●)

結婚も忍耐ですかね。
私はもっと忍耐強くならないといけないのかもf(^_^;),

しほ | URL | 2011/02/15/Tue 00:40 [編集]

↑ページトップ

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック