忍者ブログ

[PR]

2020/06/02/05:09  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

再検査

2012/02/20/14:53  カテゴリー/[日常]日常

 今日、再び市外の総合病院の産婦人科へ。今日は助産師さんとの面談が30分ほどあって、出産に関する説明を受けた。その間ぴよさんは隣の椅子で大人しく絵本を見たりきょろきょろしたりしてたんだけど、私と目が合う度に

ぴよさん
「おわった?」

と聞く。そりゃまあ退屈でしょうね。勝手にウロウロしたりその辺の物を触ったりはしない子だから、その分退屈だった事だろう。病院に持って行ける程度の、もうちょい暇が潰せる物を持って行かないとな。ベビーブックとか、そういう幼児向け雑誌でも買って行こうと誓う。
 出産に関しては、総合病院だから淡々としてるかと思いきや、思ったより妊婦のメンタルを考えてくれてるみたいだった。「出産のイメージ」とか「どういう出産をしたいですか」とか「赤ちゃんへのメッセージ」とかアンケートみたいなのを書かされて、

助産師さん
「じゃあ、次回までにお返事の欄を書いておきますね」

と言われた。何か面倒な事するんだなぁ。私はマンツーマンで面談するだけで十分なんだけどなぁ。特に今は、無事に産まれて大きな障害がないことを願うばかりで、それ以上はあまり考えられない。「赤ちゃんへのメッセージ」とか聞かれても、思い付かない。障害の有無は、赤ちゃん自身が決める事じゃないからメッセージ送るようなことじゃない気もするし。そもそも、赤ちゃんへのメッセージを助産師さん宛てに書くのも変な感じ。そしてそれを読まれのも恥かしい。
 でも、ぴよさんを産んだ産婦人科がちょっと淡々としてるとこだったから、今度のところはもう少し優しいかもって期待しちゃいそう。
 面談が終わったら、少し待ってエコーでの検査。なかなか腎臓を見なくて、頭とか胴体とかをじっくりじっくり見てると思ったら、他に異常がある箇所はないか細かく診てくれてたみたい。

先生
「脳や心臓には、今のところ目立った障害は見受けられません。
心臓は一番障害を持って産まれやすいところですが、大丈夫なようです」

だそうだ。
 どこに障害があろうと、脳にさえなければ人生頑張れば開ける。以前の仕事は時々障害を持った人と接する機会があったけど、そう思わされる事も多かった。だから脳に障害がないって言う言葉には一安心。まあ、あくまで“エコーの映像で見える範囲では”って事なんだけど。
 で、腎臓と羊水。腎臓は片方が腫れてて、もう片方は異常なし。腫れてない方の腎臓が活動してるから、排泄自体は大丈夫そう、との事だ。羊水は、変化なし。羊水が少ないから動きにくそうだけど、胎動も活発だと言われた。



(゚ー゚*?)
動きにくそうな胎動ってどんな動きなんだ。
専門家にはわかるのか。



 ちょっと気になったけど、置いといて。
 可能な限り詳しく診てもらった結果、すぐに処置が必要な状態ではない。元々出産予定だった病院で1回、総合病院で2回、計3回羊水の量の測定と腎臓の腫れ具合を見てるけど、変化はほとんどないらしい。けど悪化したら入院。場合によっては早めに帝王切開、だそうだ。まあ、結論は前回とほぼ変わらない。要するに、産まれてみないとわからないみたい。より悪い結果が出なかっただけでも良かった。でも、状況が悪化するとも限らないから、今後週2回は検査に来た方がいいそうだ。



il||li_| ̄|○ il||li
臨月の妊婦検診より頻度高いって・・・。



 でも、大変気になった事がひとつ。出産予定だった産婦人科でも総合病院でもずっと「片方の腎臓が 少し 腫れてるって言われてたから、腫れは少しだと思ってた。でも、

先生
「1cmくらい腫れてるから、結構腫れてるんですよねー」

と言われた。



ヽ(;´Д`)ノ
「少し」って言ったじゃん!



 ちなみに先生は前回と同じ人だから、先生による表現の違いって事ではない。1cmは小さな腫れでも、胎児にとっては大きいって事なんだろうか。よくわかんないけど、ずっと「少し」だと思ってた私はびっくりというか衝撃というか・・・。
 それから、前回から帝王切開のつもりで来てた事は、もう了承済みみたいで、

先生
「次回は帝王切開の予定日を決めていきましょう」

との事。



(;´Д`A ```
あ、ちゃんと予定帝王切開希望ってわかってくれてたのね。
前回帝王切開を否定する勢いで話してたのは、経膣分娩でも心配しないでいいよって不安を取り除いてくれただけなのね。



 前回ちょっと戸惑ったけど、まあ思った方向で進んでいくみたいで良かった。今回も経膣分娩を勧められたら、折れたかもしれない。ずっと予定帝王切開のつもりで地固めしてきたから、今さら経膣分娩を希望すると周囲に迷惑が掛かる。何より、ぴよさんが心配だし。例えば母がもう仕事辞めてたら、経膣分娩を希望したかな。でも現実は私に都合いいばっかりには出来てない。旦那サンの両親に安心して預けられる事だけでも良しとしないとね。
 帝王切開は来月中旬になりそう。とりあえず、3月3日の妹の結婚式までは何事もなく過ごせるといいな。その後はもう、旦那サンと旦那サン両親にぴよさんを預けて余計な事は考えずに先生に委ねよう。また体を切って中の物を取り出すんだから、よく考えると怖くなる。前回ひどかった副作用が極力少なくて済むように、それ以外は考えない事にしよう。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字