忍者ブログ

[PR]

2020/02/26/01:35  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

チャイルドシート

2009/07/19/14:59  カテゴリー/[日常]日常

 レンタカーを借りる際、旦那サンにチャイルドシートも借りるように言っておいた。赤さんはチャイルドシートに乗るのは初めてなんで、今日は以前の職場に内祝いを持っていく時に乗せてみることにする。
 ところがチャイルドシートを見てみると、どう見ても新生児対応じゃない。角度が急すぎるし、首周りをガードできるような物もない。これじゃ首が据わってない赤さんに負担が掛かりすぎるじゃないか!

旦那サン
「首の両脇にタオルを丸めておいたらいいやろ」

 どうやら赤子の首というものは左右を支えさえすれば大丈夫と思っているようだ。今後の生活が不安になった瞬間だった。



ヾ(。`Д´。)ノ彡
首が体に埋まって苦しいんだってば!



 前の職場まで車で10分程度。一応チャイルドシートに赤さんを乗せてみて、私が顔の左右を手で押さえつつ走行してみた。やっぱ無茶だわ・・・。この状態で2時間なんて、つらすぎる。
 せめてチャイルドシートの角度を寝かせられれば左右をタオルで固定する案を採用してOKだと思うんだけど、どうも角度は固定っぽい。


「ちゃんと『新生児用』を頼んだ?」

旦那サン
「うん。『赤ちゃんです』って言った




(ノ-_-)ノ~┻━┻




 新生児と赤ちゃんって、似て非なる。首が据わってるか据わってないかで、全く違うサポートが必要なんだよ!
 姪が3人すぐ近くに住んでて何かと面倒を見ていた私と、赤ちゃんなんて25年前の自分の妹くらいしか知らない旦那サンの理解度の違いを疑いもしなかった私も悪かったかもしれない。責めても今さらどうしようもないんで、念のためうちの両親にあのチャイルドシートの角度で赤さんを長時間固定して大丈夫かどうか見てもらった。


「苦しいやろうね」

 やっぱり・・・。
 タオルで首の両脇を固定すれば大丈夫と思い続けてる旦那サンを説得するのがまた大変だった。あーもー。赤子の生態を、今後みっちり仕込まねば。
 後で調べると、レンタカー会社では新生児用のチャイルドシートを「ベビーシート」と言って「チャイルドシート」とは区別しているようだ。私は0歳から7歳まで長く使えるタイプしか見たことなかったから知らなかった。お店の人も確認してくれりゃいいのに。多分レンタカー会社の人も若い人だったんだろうな。だから「赤ちゃんです」と言われて、首が据わってるか据わってないかなんて思いつきもしなかったんじゃないかな。「チャイルドシート」って言われたから「チャイルドシート」用意しました、みたいな。旦那サンと同じくらいの年の男性だったのかもしれない。
 結局明日は、私がシートベルトをした上からスリングで抱っこすることにした。旦那サンは

「万が一の事故を考えると、多少首がきつくてもチャイルドシートに乗せた方がいいんじゃない?」

と言う。私もちょっと迷ったけど、大人が“体勢がきつくて疲れる”というのとは新生児のその状態とは負担が全く違う。自分達の運を信じて、私+スリングで「母チャイルドシート」の方を選ぶことにした。法律違反だけど、赤子が機嫌悪くてチャイルドシートから降ろしてあやすのとは訳が違う・・・と思う。でも法律違反なんだけど。
 明日、事故りませんように。警察に見つかりませんように。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック