忍者ブログ

[PR]

2020/05/25/23:12  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

時計取り付け

2012/09/04/22:43  カテゴリー/[日常]亀速 収納とかインテリア

 ネットで注文してたウォールステッカー時計が先日到着して、今日やっと



(`・ω・´)
いっちょやったるか!



って気になったんで頑張る事にした。
 まだ開封すらしてなかったんで、ひとまず開封。

12.09.04.1.jpg

 こんな感じで入ってる。ウォールステッカーシートの左側にあるのが、時計の機械と針。時計部分は自分で針を組み立てて、ウォールステッカーの中央辺りの壁にピンで留めるようになっている。
 さて、これを貼る壁は先日の日記にも書いたけど(9/2の日記)、実際の場所がここ。

12.09.04.2.jpg

 我が家のプレイルームというか、雑然としたおもちゃ置き場の部屋というか、まあそういう所。ここの一番奥の壁の、換気パイプが通って出っ張ってる部分に貼ろうと思う。
 まず、壁の両端からきっちり測って中央の位置を探る。我が家には150cmのメジャーしかないんで、マスキングテープで印を付けながら中央を測った。

d219cb90.jpeg

 念のため3回測ったんで、一旦これで力尽きる。
 タロさんが起きたんで授乳ついでにちょっと休憩してから、再開。1枚の紙に効率よく貼られたウォールステッカーを、パーツごとに切り取る。調子に乗ってジョキジョキ切ってたら、あっさりステッカー部分も切ってしまったというトラブル発生。

63a7f7e6.jpeg

 一瞬くじけかけたけど、きっちり合わせて壁に貼ってしまえば大丈夫・・・なはず。気を取り直して全て切り分け、まずは一番メインになる真ん中の花をマスキングテープ位置決めし、台紙から剥いで壁にぺたり。次に、真ん中を貫く横棒の位置決め。天井と水平になるように何箇所も測ってマスキングテープで印を付け、慎重に貼る。ミリ単位でもずれないように、メジャーの上下を固定して測った。

12.09.04.5.jpg

 ソフトな粘着力のマスキングテープは、印付け、メジャーの固定以外にも、他のパーツをすぐ手の届く場所に貼っておけるんで超便利。小さいテーブルに椅子を乗せるというなかなか危なっかしい方法で天井近くの場所の作業をしてたんで、台に昇り降りする回数が少しでも減って大助かり。
 横棒を貼ったら一旦降りて、遠目から確認。かなり細かく計測しながらやったんで、一発OK。次に、左右の小ぶりの花を計測しつつ貼って、剥離紙を取ると

12.09.04.6.jpg

 時計の文字盤部分が完成。うん、間違えて切っちゃったとこは全然わからない。写真ではゴチャゴチャしてわかりづらいけど、黒い小さいテーブルの上に椅子を乗せて作業してた。ただでさえ怖いのに、私の作業を見るのに飽きたぴよさんがテーブルの周囲におもちゃをぶちまけ始めただけじゃなく、テーブルの上でままごと始めたんで冷や汗かきまくり。時々コツンと椅子にぶつかったりして、



(;´Д`)
やめて!ぴよさんやめて!



という状態が続いていた。作業のキリがいいとこで一旦降りて、ぴよさんと目線を合わせて頼んだら、止めてくれたけど。
 さて台から降りて、時計部分を組み立てる事に。時計の機械部分の他に、短針、長針、秒針が入ってるはずなんだけど・・・。



(;´Д`A
ん?
長針が2本入ってて、短針が入ってない・・・だと?



ヽ(・∀・)ノ
あ、長針を切って使えばいっか~。



 ごく薄い鉄板だったから、ハサミでも切れた。ハサミの刃が傷んだとは思うけど。で、組み立てて、時計部分完成。これを押しピンで壁に・・・壁に・・・。なんと、



(´;ω;`)
壁に刺さらない!



 鉄筋が入ってたとこだったらしく、ピンが全然入らない。ステッカーは剥離紙を取っちゃったし、もう上からゴシゴシ擦ってしっかり貼っちゃったから今さら剥がせない。両面テープで壁に貼る事も考えたけど形状的にウォールステッカーの上に貼る事になるから、電池換えの時にウォールステッカーが剥がれそう。剥がれるだけならまだしも、両面テープの粘着力でステッカーがビローンと伸びたら最悪だし・・・。
 結局いい手が思いつかず、とりあえずここもマスキングテープのお世話になる事にした。
 途中で授乳や昼ご飯を挟みつつ、私なりにまあまあ苦労して完成したのが昼過ぎ。場所が場所だけになかなか大変だったけど、達成感!・・・と思いきや、どうもおかしい。



(´Д`;)
短針が分刻みで動いてる。



 長針が2本入ってたから切って使えばいいか~って、よく考えたらそんなわけないか。細かい場所だから肉眼では見にくいけど、短針は短針を動かす部分、長針は長針を動かす部分に嵌るようにできてるわけで。辻褄合わせで長さだけ誤魔化したところで、きちんと作動するわけもない。馬鹿!午前中の私の馬鹿!
 どうも梱包ミスと思われるんで、買った会社にメールした。電話でも良かったんだけど、説明がメンドイのと、文字の方が販売履歴と照らし合わせやすいだろうと思って。
 仕事から帰ってきた旦那サンに、

旦那サン
「可愛いのが付いとるやん」

と言われたから


「それ、まだちょっとおかしいけん。
ちょっと変なとこがあって、時間合ってないよ」

とだけ返しておいたら、あんまりじっくり見られる事なく分刻みの短針には気付かれなかった。
 勝負は、販売会社と連絡がついてから。リビングの見易い位置に時計がある生活をが待ち遠しい。それより何より、苦労して完成にこぎ着けたと思ったのにまだ完成じゃなかったという事実がつらい。メールの返事、早く来ないかな。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字