忍者ブログ

[PR]

2020/02/29/04:55  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

育児サークルとお客様

2010/11/17/23:14  カテゴリー/[日常]こどもがいる日常

 今日の育児サークルのテーマは「歯」。
 ぴよさんには離乳食を始めてから歯磨きをするようになったけど、最初は歯磨き大好きっ子だった。私の歯磨き作戦、「少しずつ慣れさせる&終わったら過剰に褒める」が功をなして、ぴよさんは歯ブラシを見せただけでコロンと寝っ転がって口を開けて歯磨き中もニコニコだった。
 ところが1歳4ヶ月になるかならないかの頃から、自分でやりたい!になっちゃって私に歯磨きされるのを嫌がるようになった。しばらくは様子を見てたけど、どうにも私にさせてくれないんで最近は押さえつけてやってる。どうしても暴れる時は、毛布にくるむと少し大人しくなるんでその隙に磨く。こっちも面倒だなぁと思ってるんで、忘れる事もしょっちゅうだ。
 でも歯科医の先生の話を聞いてると、ちゃんとやらなきゃなぁと思う。実は私、虫歯が多い。正確には治療痕が多い。恥ずかしながら、奥歯はほぼ全部虫歯を経験している。こうなった原因は歯磨きが嫌いだったからで、歯磨きが嫌いだった原因はうちの両親だ。私の両親は「叱って育てる」タイプだったんで、ちょっと歯磨きを忘れてるとめっちゃ怒られる。特に父はすぐ叩く人だった。だから私はどんどん歯磨きが嫌いになって、隙あらば

「歯磨き?もうしたよ!」

って言うようになっていた。両親的には「歯磨きをサボると怒られる→ちゃんと歯磨きしよう」になると思ってたんだろう。でも子供の私は「怒られる=ものすご~く嫌な事=したくない」になってしまってた。大人になった今は、歯磨きしないと気持ち悪いと思えるようになったんだけど。
 両親を反面教師にしてぴよさんにはあんまり無理やりするのもね~と思ってたんだけど、今日歯科医の先生の話を聞いてると、



(;´Д`A ```
ちゃんとしなきゃな~。



と反省。とりあえず習慣づけて、でも私の両親のように歯磨き嫌いっ子を育てるような育児はしないようにしたい。
 先生の話の後は、読み聞かせボランティアさんによる読み聞かせと手遊び。今日も公民館主事のおばさんにイラッとする。ぴよさんはいつも通り私から逃げながら遊んでるんだけど、「いっぽんばしこちょこちょ」の時に少し離れたとこに座って歌に合わせて揺れていた。すると突然肩を叩かれる。

公民館主事のおばさん
「こういう時は、してあげなくちゃ!」


「いや、こういう時は私が近くに行ったら逃げるんですよ」

公民館主事のおばんさん
「ううん。やってあげなくちゃ!」

 私には結果は見えてたけど、このおばさんへのパフォーマンスとして一応ぴよさんのとこに行く。でもやっぱり、私にぴよさんは手を取られると逃げる。おばさんはそんなぴよさんを捕まえて無理やり腕を掴んで「いっぽんばしこちょこちょ」をしようとしだした。ぴよさんは一生懸命腕を引っ張って逃げようとする。



(-"-)
手遊びって無理やりするもんじゃないと思うんですけど。



って言おうとした瞬間、手を離したんで言いそびれた。手遊びをやってあげようとしたのに全力で拒否されたおばさんは、ちょっとバツが悪そうだった。
 やっぱあのおばさんは苦手だわー。人間としては嫌いじゃないけど、子供が間に入るとイラッとする。公民館のおもちゃで遊ぼうとする子に

公民館主事のおばさん
「今日はおもちゃはしまってね。はい、しまって」

 1歳なるかならないかの子に「しまう」は通じないと思うんだけどなぁ。さらに他の職員さんに

公民館主事のおばさん
「これは教育だから。ちゃんと教育しなきゃ」

と言う。無茶だよ。1歳児ってまだ「触られて困る物は手の届くところに置くな」っていう時期よね。私の中の「子供がいないおばさん」説が確信に近付いてくる。ていうか平たく言うと



┐(´-`)┌
めんどくせーおばさんだぜ。



みたいな。多分学校の先生上がりじゃないかと思うような上から目線発言多数にちょっとムッとすることもあるから、あんまり近付かないようにしてるんだけど。一応次の段階の育児サークルも考えてて、子供が関わる事だから面倒は起こしたくない。上から目線発言に上から目線発言で対抗するという、喧嘩上等調のことは止めておこう。少なくとも数年は。
 育児サークルの後に舞姫さん・S君親子とよしさん・Aちゃん親子一緒にお弁当を買ってうちに来ていただくことにしてたんだけど、道々ちょっとあの人は嫌な感じですよね的な話になった。やっぱり皆そう思うよね。他の職員さんはそう嫌な人はいないんだけど。
 さて我が家。すんません、狭いです。部屋だけでなくテーブルも狭いです。舞姫さん、よしさんのお宅ではぴよさんは散々おもちゃを散らかしたけど、うちではS君もAちゃんもそれほど派手にはおもちゃで遊ばず、歩行機に付いてるボールをひたすらコロコロ回してたり、ぴよさんの食事用椅子の穴らへんをいじってたりと謎の集中力を発揮していた。
 昨日カッテージチーズとレモンと生クリームがが余ってるのを見て突然思い立ってチーズケーキを作ったんだけど、少し焦げたけど味的にはさほど失敗ではなかったんでおやつがてら出させていただく。

 

10.11.17.1.jpg
 

 底に敷いたタルト生地が予想以上に固くて食べにくかった。豆腐とホットケーキミックスのみで、油分ゼロで作ったからクラッカーみたいに固かった。次に活かすということで・・・。
 最近舞姫さんやよしさんとじっくり話して思ったんだけど、



(;´Д`A ```
やっぱうちの旦那サンって、よその旦那様と比べてくだらない事ばっか考えてる気がする。



 くだらない話をして誰とでも仲良くできる点は特技だし、どちらかと言うと長所だとは思うけど、配偶者としてあまりのくだらなさに脱力することもある。ストイックになれとは言わないけど、人の親としてもう少し発言に重みがある男になって欲しい。無理かな。無理だろうなぁ。義父も、発言内容こそ違うけどくだらない話をして一人で盛り上がる人だし。でもぴよさんが似たら嫌だな・・・。
 今日もたっぷりお話しして、時間はあっという間に過ぎていった。なんか・・・アレだな。この狭いアパートに6人いたのが急にぴよさんと2人になると、何だかシーンとなっちゃうなぁ。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック