忍者ブログ

[PR]

2020/05/26/00:31  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

楽しいイベントの日

2010/05/12/23:28  カテゴリー/[日常]こどもがいる日常

 先日の「母子何でも相談」でお友達になったKさん・ケンくん親子&Tさんこーくん親子(4/26参照)と児童館のイベント「いないいないばあ」に行く約束の日。以前から行きたいと仰ってたましゅさん&ララちゃん親子も誘って、計4組の親子で行くことになった。計らずとも、男女比は2対2。



(*´д`*)
ぴよさん、清く正しいグループ男女交際をするんですよ。



としょうもない事を考えつつご近所のKさんと一緒に児童館に行き、他の2人とは現地で落ち合う。
 4人揃ったけど、イベント開始の時間が近かったんでとりあえず移動。イベント会場に着いてからましゅさんを他の2人に紹介しようと思ってたら、会場に着くなり赤さん達がおもちゃにヒートアップしてしまった。他にもたくさん来ていたママ&赤さん達に紛れて誰が誰やらわからん状態になってしまってるうちにイベントが始まって、紹介がうやむやになってしまうダメな仲介役の私。でもまあ、月齢近い赤さんを持つママ同士だもん。きっとすぐ仲良くなれるよ、うん。
 前に来た時は参加人数がめちゃめちゃ多かったうえ、かなり後ろの方にしかポジショニング取れなかったんで全然見えなかった。前回のこの失敗を活かし、今日は張り切って一番前に移動する。最初は元永定正さんの『ころころころ』の大型絵本の読み聞かせ。



ヽ(^◇^*)/
元永定正さんの擬音絵本、いいよねー。
何かこう、動いて見えるんだよねぇ。



(□。□-)
今年度新しく買った本って言ってたけど、折り癖をきちんとつけてないから開いた時に真ん中が膨らんでるじゃないか。
新しい絵本を読み聞かせで使う場合は、もっとギシギシと折り癖つけとかなきゃ!



 今日も私は余計な事ばっか考えて、あんまり集中できない。この性質は、やっぱぴよさんに遺伝するんだろうか。旦那サンもそういうとこある人だから、むしろ避けられない運命なのかもしれない。自分にない物を子に求めるわけにもいかないから、絵本を見るよりよそのママを見て微笑んでるぴよさんを暖かい目で見守ることにした。
 本日のイベントのメインは「おおきなかぶ」の人形劇。ちょっと離れた所で読み手が絵本を読み、それに合わせて台に隠れた人がパペットを動かすというやつ。ぴよさんは今のところ人形にはあんまり興味を示さないんで、どうかなーと思ってはいたんだけど。周りの皆が舞台を見てる中、ぴよさんは読み手のおばさんを見ていた。ふと横を見ると、こーくんも読み手をガン見。



Σ(´□` )
2人とも!
そんな早いうちから現実見過ぎちゃだめー!!!



 その後ぴよさんは、何度連れ戻してもいつも通り前へ前へと移動して行く。面倒くさくなってって少し見守ることにして放置してたら、最終的には台の後ろを覗こうとしていた。



(;´Д`A ```
アンタ・・・。そういうリアリスティックなとこ、お母さんの小さい頃そっくりよ。
でもここまで早熟ななかったとは思うけど。



 そういや司書時代のおはなし会で、話し手の膝元まで来る子って必ず1人か2人いたなぁ。まさか我が子がそのタイプとは。ふれあい遊びの時も指遊びの時も、母の腕を抜け出してとにかく前へ前へ。教えてくれてるスタッフさんから構ってもらえて嬉しそうにしてたけど、私は恥ずかしい。移動法がちょっと変わってる子なんで、周囲のママさん達に「器用ですね~」って笑われたりするし。
 最終的には、なぜか縦列になってるララちゃんとぴよさん。

10.05.12.1.jpg


 ララちゃんはぴよさんの背中の模様がめっちゃ気になるらしい。なぜだ。
 それにしても。簡単に行ける距離で行われてる無料の乳幼児向けイベントにはできるだけ参加してたけど、顔見知りが増えてきたなぁ。ざっと見回したところ、どこかで見た事ある人が何人もいる。でも、



┐(´-`)┌
どこで会った人なのか思い出せなくて、話しかけづらいよ。



 この人は近所の育児サロンで会った人なのか?それとも母子何でも相談で隣り合わせて話しただけなのか?いや、前回のイベントでお話しした人かも。あ、総合図書館のおはなし会で、ぴよさんが突っ込んでった人か?全然わかんない。
 まあ、縁があればまた会うでしょう。今日のところは、目が合っても曖昧に微笑んで頭下げるだけにしとく。相手も大抵同じリアクションだったから、きっと向こうも同じように私が誰だったか思い出せないでいるに違いない。
 あっという間に1時間が過ぎイベントが終わって、せっかくなんでどこかでランチでもしようという話になった。赤さん連れでも大丈夫なよう、個室で座敷でお財布に優しいところ・・・。福ビルの「御膳屋」に決定。


 
(人´∀`*).。:*+゜゜+*:.。.*:+☆
「御膳屋」は赤ちゃん連れでも安心って聞いたことあるから、一度行ってみたかったんだよね~。



 「御膳屋」は玄関口が広くてベビーカーでも入りやすいお店だった。ところどころ低くなってる天井で勢いよく頭をぶつけつつ通された部屋は、4人座れるテーブルが3つある部屋。店員さんが2つをくっつけてくれたうえ、その部屋は貸し切り状態で全く気兼ねがいらない。噂通り、なかなかいいお店みたい。
 注文が終わって。私はやれやれと一息ついたんだけど、私以外の3人は離乳食を用意し始めたことに軽く衝撃を受けた。そうよねー。普通はそうなんだよねー。大半の人は厚生労働省のガイドラインに沿って作られた育児書とか母子手帳見て育児するから、もうすぐ1歳になるのに離乳食やってないってかなり特殊なんだよね・・・。
 この疎外感は覚悟してたとはいえ、やっぱちょっと寂しい気分になる。でも「ちょっと違う育児をしてる人」として、周囲の人達がある程度の理解はしてくれてる(と思う)のはありがたいな。西原式育児をしてる人のブログや掲示板の書き込みとか見ると、ネグレクトと誤解されたり、何かの宗教と思われたり、変な人だと一線引かれたりしてる人もいるみたい。そういう人達と比べると、私は恵まれてると思う。
 そんなわけで他のママ達は離乳食を食べさせてるのに、私は一人で先にランチにがっつく。いや、本当は先に食べるのちょっと気が引けたんだけどさ。ただ、空腹は我慢できないのよ。未だに完全母乳だから、ぴよさんの成長に伴って吸い取られる栄養が増えてきて大変なんすよ。
 それにしても、話は尽きないもんだ。2人目の子供はどれくらい離そうかとか、再就職への道とか、我が子にどれくらいテレビを見せるかとか。



(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)
うんうん。それ悩んじゃいますよねー。



てな事が満載。きっと誰もが通る道なんだと思う。
 私達が話してる間、赤さん達は自由気ままに遊んでいた。ぴよさんは最初は珍しく私の側で遊んでたけど、段々と調子が出て来て隣に座ってたKさんの所までズリズリと移動。そこでケンくんにちょっかい出されて、真顔になってたのが笑えた。それにしても、赤さんって何で相手の目の辺りを狙ってくるんだろうね。ケンくんはママに叱られてニヤリ。数年後には立派ないたずらっ子になってそうな表情に、思わずこっちも笑ってしまう。
 ママ大好きのコウくんはずっとママと一緒♪だし、ララちゃんはマイペースに一人で盛り上がって遊んでるし、同じくらいの赤さんが4人いても本当に色んな個性がある。
 

10.05.12.2.jpg
 

 今はまだ無理だけど、早く一緒に遊べるようになってくれるといいなー。
 最後に「御膳屋」の前で記念撮影。
 

 10.05.12.3.jpg


 顔隠してるからわからないけど、ぴよさんは明らかに私を見てないのに笑顔。なんで君はそんなに、よそのママ見るのが好きなのか。私がいるんだから、私に向かってカメラ目線しろよ!
 撮影会が終わり、「御膳屋」が入ってるビルを出てお別れした。私は天神で色々と買い物をして帰ったんだけど。



il||li_| ̄|○ il||li
疲れた・・・。



 やばい。体力の限界値考えないでハシャぎすぎた。自分の体力が衰えて来てること、忘れてた。でも、ぴよさんはイベント楽しそうだったし、ランチはおいしかったし楽しかったし、収納グッズを買い足して模様替え進められそうだし、かなり充実した1日だった。

拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック