忍者ブログ

[PR]

2020/02/29/03:40  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日の今日で

2011/02/23/22:57  カテゴリー/[日常]こどもがいる日常

 昨日「卒乳で頑張るわ!」って思い直したばっかりなんだけど、今日の育児サークルで同年度生まれの子がいるママさん数人で話してたら

あるママさん
「先週断乳しました」

って話になった。多分そのママさんの子は1歳半くらい。私は



(。・ω・)
へー。
一歩大人になったんだねー。



 なんて思いながら脳内で「大人の階段登る~♪」とか歌ってたんだけど、一緒に聞いてた人達がその話題に超食いついた。一緒に聞いてた人達の子供さんは1歳直前~1歳半くらいだけど、やっぱ皆さん断乳には興味あるみたいだ。断乳して何が変わったか。どうやって断乳したか。どれくらい大変だったか。次々に質問が出る。
 断乳すれば色々楽になるらしい。ご飯を食べない子は食べるようになり、夜泣きも減り、寝かしつけも楽だとか。今日「断乳した」と仰ってた人は、まさに教科書通りの良い事づくめだったと言う。
 皆さん、

「そっかー。いいですねぇ」

という様子。断乳すれば楽になる。でも楽になるにはひと山ある。そのひと山を越えるのが大変そうで、躊躇してるみたい。
 その様子を見ていて、また私も若干気持ちが揺れるのでした。そう流されやすい方じゃないつもりだけど、断乳したい人が大多数の中で話を聞いてたら気持ちが揺れる。途中からあまり聞かないようにしていた。話してるメンバーの中で子供の月齢が一番高いのは私だったから、余計に気まずいし。
 ところで「卒乳」ってまだそんなにメジャーじゃないのかな。私の周りで「卒乳にします」って言ってる人は皆無な気がする。迷ってるって人は何人かいるけど。卒乳と断乳の違いを知らない人もいるし。私は「卒乳」って考え方を知った時、



(*^_^*)
それ何かいいな・・・。



って思ったんだけどな。
 あーでも、私が卒乳にしたいって思ったのは親子の絆みたいなやつをできるだけ大切にしたくて、その方法がわからないからだった気がする。私の母親は人の事傷付けてくるようなとこある人だから、私は母親に気を許せない。油断すると精神的ダメージを喰らう事があるから、もう絶対気を許さないって決めてる。母親に気を許せないって状況は私的にも嫌だから、できればぴよさんにはそういう思いはして欲しくない。でも方法がわからないし、私自身すぐ気も手も抜くタイプ。そんな私でも授乳を止めないことくらいはできるかなと思ってる。
 もし私の気が変わって断乳する事にしたとしても、今のような母子家庭状態でやると私一人が大変だからやりたくない。やるなら旦那サンの出張が終わってからだから、4月以降だな。
 断乳はしようと思えばいつでもできる気がする。もちろん下準備として1~2週間前から言い聞かるってとこから始めるつもりで。ぴよさんはもうこっちが言ってる事はそれなりにわかってるっぽいし、1月末に胃腸炎になったから夜中の授乳を1日だけ止めといたけど、ぴよさんは何度も起きつつもそれなりに寝てた。あんな感じなら、何とかなるだろう。
 そんなわけで、昨日卒乳について決意を新たにしたばっかりって時に周囲が断乳に興味津々で疎外感を味わったって話でした。西原式育児で離乳食を遅らせた時にも、こんな疎外感あったなぁ。育児に関して、



(`・ω・´)ノ
こういう方向でやっていこう!



って思った事が周囲と違うと、何か寂しいな。自分自身のことだったら、とっくに曲げて周囲に合わせてるかもしれない。今後もこういう事あるんだろうか。私が色々調べすぎるからいけないんだろうか。うーん、ぴよさんが成長してみないと成功かどうかわかんないな。いや、成長しても結局わかんなかったりして。どうか失敗にはなりませんように。
 余談だけど、2日ぶりに大人とまともに会話した。



。・゚・( つД`)・゚・。
たかだか1時間ちょっとだけどね。

 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック