忍者ブログ

[PR]

2020/02/29/02:33  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

幼稚園?保育園?

2012/06/01/23:29  カテゴリー/[日常]こどもがいる日常

 昨日ママ友さんと話してて思ったんだけど、ぴよさんと同い年の子ってみんな幼稚園の未就園クラス行ってるみたい。4月に行かせられなかったお友達も、今後行く事が決定してる子ばかり。私・・・ていうかぴよさん、完全に出遅れてる。 
 年度末に里帰り出産だったし、そもそもプレ幼稚園ってお金持ちが行く物だと思ってた。でも実際、誰も彼も行ってる気がする。みーんな行ってる。行ってないし、行く予定もないのはぴよさんだけなんじゃないかって思うくらい、みんな行ってる。
 ていうかさ、専業主婦の私のママ友は、当然ほとんど専業主婦。みんなお金持ちだな~なんて思ってたけど、お金持ちだから専業主婦してるんじゃなかろうか。
 我が家は旦那サンが忙しい時はまあまあの収入だけど、暇な時は低収入。トータルでギリギリ並の生活が送れてる感じ。普通なら妻である私も、せめてパートくらいはする程度の年収だと思う。ローンも抱えた事だしね。
 ただ、フルタイムで働いてた母の愛情をあまり実感する事なく成長した私は、我が子には低年齢の時くらいしっかり向かい合って愛情を注ぎたいと思って、旦那サンに頼んで専業主婦させてもらってる。今まで旦那サンに感謝しつつ現状に満足してたんだけど、ここに来て



(;´Д`A ```
旦那サンの収入だけで育児すると、人より出遅れちゃったりする?



と、ちょっと思い始めた。
 これを解消するには私が社会復帰しないといけないんだけど、そうするとタロさんをぴよさんのようには育てられない。ぴよさん最優先に考えるとタロさんが犠牲になり、タロさん最優先に考えるとぴよさんが犠牲になる・・・。
 ワーキングマザーはたくさんいるけど、私の場合は現時点で3年間のブランク。加えて新しい環境になるから、産休・育休で復帰した人とは大きく違う。疲れるだろうしイライラするだろうしで、最悪私の母より悪い状況になる可能性もあるわけで。
 さらに、保育園の問題もある。ぴよさんはわりとすぐに入れる年齢だけど、タロさんは多分待機になっちゃうだろう。そしたら認可外に入れないといけなくなるわけで、ここでまたまた掛かるお金がアップする。ぴよさんとタロさん、違う所に通わせるのも大変だ。 
 うーん、悩む。
 実際のところぴよさんの性格を考えると、幼稚園なり保育園なりに放り込んだらめっちゃ喜びそう。そう考えると行かせてあげたいけど、うーん。うーん・・・。 
 生活をもう少し質素にして、さらに足りない分は蓄えを切り崩しつつぴよさんを幼稚園に行かせる事はできる。でもそうすると、周囲との格差もちょっと出ちゃったり。ぴよさんは気にしないだろうけど、私がちょっと気にしちゃうタイプなんだよね~。
 タロさんを、絶対にぴよさんと同じ育て方しないといけないわけじゃない。極端な話、私がいなくてもタロさんはタロさんなりに育つとは思う。だから深く考えないで、我が家は我が家なりに共働きに戻るべきなんだろうか。あまりダラダラ専業主婦やって、社会復帰が難しくなっても嫌だもんなぁ。
 もしこのまま専業主婦を続けて幼稚園に行かせるとしたら、諸条件により候補が2つに絞られる。片方・・・仮にA幼稚園は、園バスあり、給食あり、指定の園バッグあり、園内で放課後に習い事っぽいのもあって希望者は受けれる。英会話とかピアノとかね。ここが凄く人気で、ここのプレの願書もらうのに前日の19時から並んだって言ってた。
 もう1つのB幼稚園は、園バスはないけど我が家の近所、給食なしで毎日お弁当、園バッグは手作りしないといけないし、バザーとか何とかで母親が度々幼稚園に行かないといけないらしい。母親の負担が大き過ぎると言う事で、人気なし。
 私的には、凝った物じゃないなら毎日お弁当作るのは平気だし、園バッグは幸いにも実母も義母も裁縫が得意だし(頼る気満々。私は長年やってないから、もう自信ない)、時々園に行って作業とかさせられるのも苦にはならない。でも人気がないと言う事は園児が少なくて、つまりぴよさんのお友達も少ないって事になるのかなーと思うとちょっと抵抗がある。 
 なんかねー、もうねー、この件については悩むポイントが多過ぎて、本当に頭が痛い。
 コレ言ったら本当に申し訳ないていうか、お前何様だよって感じの事だけど思わずにいられない事。後ろめたいからあまり考えないようにしてるんで、小さく書く。



ヽ(;´Д`)ノ
よその旦那様は収入が多くて羨ましいわー。




 それでも私は働かないで、さらにちょいちょい息抜きと称してランチ行ったりカフェ行ったりしても何とかなる程度には稼いで来てくれて、無駄遣いしても家事をサボっても文句も言わない旦那サンには感謝してるけど。けど。けど・・・。
 うーん、ま、寝よう。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字