忍者ブログ

[PR]

2020/02/26/00:40  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

姪の保育園でのこと

2012/07/21/22:04  カテゴリー/[日常]こどもがいる日常

 母が義姉から、姪その3の保育園のお迎えを頼まれたらしい。暇だし、私の出身保育園でもあるから懐かしいし、一緒に行かせてもらう事にした。ぴよさんと旦那サンはドライブに行ってたんで、タロさんだけ連れて出発。
 姪その3のクラスに行って母が呼ぶと、姪その3がタターッと駆け寄ってきた。

姪その3
「何でしほ姉ちゃんが来てると?」


「ん?駄目やった?」

姪その3
「ううん。嬉しい」

 愛い奴め。兄に激似じゃなかったら、もっと可愛いがってあげられるんだけど・・・。
 保育園とはいえ1歳以下の子は珍しいのか、クラスの子達が寄って来てタロさんに視線が集まってきた。

女の子
「誰?」


「えっとね、(姪その3)ちゃんのイトコなの」

女の子
「ふーん。可愛いね。髪ないね」




(;´д`)
ありがと。
でも、髪についての発言、いる?



 姪その3と同い年の子達が代わる代わるタロさんを撫でては去っていく。そんな中、1人の男の子が指をピストルに見立てて

男の子
「バンバン!バンバンバン!」

とタロさんにエア発砲をしてきた。最初は「あはは~」って感じで流してたけど、わりとしつこかったんで軽くイラッとした私。彼の坊主頭をガッと鷲掴みにして、アイアンクローをしてやった。もちろん力はほとんど入れてないけど、その子は私の手を振り払ってニコリともせず去っていった。何か私が悪者みたい・・・。いや、この場合は悪者なのか?
 帰る前に、母が職員室に立ち寄った。母は昔、ここの保育園で給食調理員をやってたんで、今でもチラホラ知り合いがいる。知り合いに挨拶でもするのかと思ってると、出てきたのは私が幼い頃にお世話になった保母さんのD先生だった。

D先生
「うわー、しほちゃん久し振り。
お母さんになったんだってね」

 D先生は今や、園長先生になっているそうだ。そっかー。もうそういう年齢かぁ。上の子は3歳の女の子だという話をすると、

D先生
「しほちゃんに似てる?」

と聞かれた。


「うーん、私に似てる気がしなくもないかな。
性格はよくわからん。
ていうか私ってどういう性格だった?」

D先生
「えっとねー。
あんまり活発じゃないけど、よくしゃべる子だった」




(^^;)
うーん、変わってないもんだなぁ。



 それを聞いてた母、


「上の子、ちょうどそんな感じよ。
やっぱ似とるとかな?」

 確かにぴよさん、そんな感じ。えー、私のような癇癪持ちになるより、周囲の人に若干の迷惑を掛けつつも気にしないマイペースっぷりの旦那サンに似てくれた方がいいなぁ。ぴよさん、血液型は旦那サンと一緒なんだけどね。
 それにしても、D先生にお世話になってたのって30年近く前のこと。覚えてるもんなんだな。先生と母が知り合いって事もあるのかもしれないけど、自分の幼い頃の事を身内以外から聞ける乗って嬉しいもんだな。
 姪その3を連れて実家に戻ると、旦那サンとぴよさんはドライブから帰ってきてた。ついでに妹夫婦も、母から呼び出されてた。
 ぴよさんと姪その3はさっそく喧嘩。人生で一人っ子だった時期の方が長いぴよさんと、末っ子気質の姪その3。1歳差となれば、おもちゃの取り合いやらタロさんの取り合いやら、1時間に1回は衝突が起こる。
 その後習い事を終えた姪その1とその2も実家に来たけど、彼女達は一番幼いぴよさんが優先。姪その3がぴよさんからおもちゃを取り上げると、その都度叱ってくれる。



ヽ(・∀・)ノ
ほっといちゃっていいよー。



と2回ほど言ってみたけど、10歳と8歳の姪達には「我が子がいじめられてるのに知らん顔のしほ姉ちゃん。なんだか不信感・・・」って顔つきになってきたんで子供丸ごと全員放っておくことにした。そして巻き込まれる、子供好きの義弟。手に余ったら、妹からヘルプが来る事だろう。
 しっかし子供が成長したり増えたりして、帰省が賑やかになってきたなぁ。
 ちなみに今回、兄はいない。何でも、復興支援で半年間福島に出張を命じられたらしい。公務員なのに面倒くさい事だ。それにしても、九州から福島ってかなり遠い。仕事してる義姉が大変なのはもちろん、姪達もストレス溜まると思う。結婚前ならフォローしてあげられるけど、別所帯になって子持ちになった今、私にそこまで余裕はない。頑張って~と、遠くから応援しております。
 姪その3は小3だけど、ちょうど第二次反抗期に入りかける頃なんじゃないっけ?うーん、色々頑張れ。
 母から、


「あんたも一時期やすさんが出張で母子家庭状態になったから、大変さはわかるやろ」

って言われた。えーっと、子供がぴよさん1人で、0歳の時と2歳の時の2回2~3ヶ月。私は不真面目な専業主婦。



(;´д`)
結構な勢いで楽してましたけどー?



なんて隣で聞いてる旦那サンの手前、言えない。


「大変だったけど、(姪その1)達は3人だし甘えん坊だし喧嘩はするしで、お兄ちゃんとこの方が大変やろー」

と白々しく言っておいた。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字