忍者ブログ

[PR]

2020/02/29/04:52  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

児童館イベントと猫カフェ

2011/03/18/23:22  カテゴリー/[日常]こどもがいる日常

 今週も児童館イベント「親子であそぼ」にやってきた。何度か来て思ったけど、「親子であそぼ」は「いないいないばあ」より楽しい。2歳越えの子が多いから、手遊びや体操なんかは子供達が元気よく踊る。ママさん達も、みんな踊ってる。だから



゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
私もいっちょ、踊るか~!!!



と、ノリノリで「どうぶつたいそう」を踊ることができる。「踊る」なんて、高校の体育の創作ダンス以来だと思う。あれは高1だったから年齢で言うと今の1/2か・・・と、いらん計算をしつつ、



ヘ(´∀`ヘ)ヘ(´∀`ヘ) (ノ´∀`)ノ(ノ´∀`)ノ
げ~んき~に いっちにっさん♪



と踊る。
 歌や踊りである程度楽しんでから、今日のメインイベント「アスレチックであそぼう」の時間。鉄棒とか、四つん這いでくぐって遊ぶ長い筒とか、とても低い平均台とか、とても低い飛び箱とか、マットとかがあっという間に設置されて、子供達はあっという間に突っ込んで行く。ぴよさんも遅ればせながら、とてとて走っていく。
 

11.03.18.1.jpg


 人が多かったから写真がわかりづらいけど、小さい子なら十分に楽しめる室内遊具がたくさんあった。一番手前の赤いジャンパースカートがぴよさんっす。
 ぴよさんが一番ハマってたのは、スポンジの入った長い筒。つかまって、転がる。
 

11.03.18.2.jpg


 前に転がった時に勢いがついてて顔面を打ち、周囲のママさん達に心配されてしまった。


「強い子なんで、大丈夫です」

と私が言ってる側から笑顔で立ちあがりリトライするぴよさんに、周囲のママさん達に笑われる。
 体を使ってたっぷり遊んだのが楽しかったみたいで、ぴよさんは帰るのを嫌がった。宥めすかして何とか外に連れ出し、どこかのベビールームで持参したおやつを食べさせようと思ってたけど、



|ω`).。oO
そういえば、ちょっと前のローカル番組で突撃取材してた猫カフェ、確かこの辺だったはず。



と思い出してしまった。思い付いたら気になって仕方ない。ケータイでサクッと検索し、モバイルグーグルマップで調べると、本当にすぐ近く。児童館と同じ通りにある。ぴよさんは小雪で動物に慣れてるし、叩いたり尻尾引っ張ったりする子じゃないから大丈夫だろうと思いつつ、レッツ猫カフェ。
 目指す猫カフェ「キューリグ」は、ビックカメラ1号館のすぐ近く。スリッパに履き替え、ぴよさんと2人で手を消毒してもらい、荷物をロッカーに・・・と思ってたらぴよさんが猫に気付いて

ぴよさん
「なーーーー!」

と言いながら突撃。ちょっと前まで猫見たら猫のベビーサインしてたのに、最近は「なー」と言う。たぶん「にゃー」と言ってるんだと思う。
 猫さんらに乱暴しないか目を配りながら荷物をロッカーに入れて、私も席に・・・。


「あ!オッドアイ!!!」

 オッドアイの猫さんを見付けてしまい、結構大きな声を出してしまった。苦笑と言うか失笑と言うか、微妙な笑顔で見守ってくれた店員のお姉さん、すみません。
 席を決めて落ち着くや否や、猫さん達が気になって仕方なかったぴよさんは再び突撃。合い言葉は「なー!」。
 

11.03.18.7.jpg
 

 猫さん達は人間に慣れてはいるけど、それ以外は普通の飼い猫さんと同じ。全く媚びない。触ろうとすると、しれっと逃げる。相手が子供だからというわけじゃなく、私に対しても同じ態度だ。ただ、1日30食限定メニュー、猫さんのおやつを誰かが注文すると、わーっと寄ってくる。ついでに寄ってったぴよさんに、猫さんおやつを注文したお姉さんが

「あげてみる?」

と、おやつを一切れぴよさんにくれた。手に乗せてもらって猫さんに差し出すと、ペロペロパクッペロペロとされる。猫さんの舌の感触に驚いたんだろう、ポカン顔になって猫さんと私を交互に見てた。知らないお姉さん、おやつ分けてくれてありがとうございました。
 席に戻って一息つこうしたら、席が大変なことに。

 

11.03.18.8.jpg
 
11.03.18.9.jpg
 
11.03.18.10.jpg

 席が占拠されていた。テーブルの下も。

11.03.18.11.jpg
 
 なぜ私達の席だけこんな状態になったのか。集まって来ておいて、私達が席に戻るとしれっと去って行くし。まあせっかく猫さん達が集まってきてることだし、と思ってぴよさんに猫じゃらしを渡してみた。何人かのお客さんが使ってるの見てたから使い方はわかるかと思ったんだけど、どうやら「猫をペシペシする道具」と誤認した模様。
 当然のことながら、ほとんどの猫さんは迷惑そうに身をよじる。だけど中にはそんな猫じゃらし遣いにもじゃれてくれる猫さんもいる。猫じゃらしが何たるかをわかってないぴよさんは、猫さんの爪が引っ掛かると非常に嫌がって一生懸命取り返そうとしていた。
 
11.03.18.12.jpg
 
 これを何度か繰り返されたこの猫さんも、もどかしかったに違いない。最終的には私が猫じゃらし没収したんだけど。
 時間帯のせいか、お店はフロア1人、キッチン1人で回してるようで、注文した物が来るまでとても時間がかかった。おかげでじっくり遊べはしたけどね。
 ここ、猫カフェ「キューリグ」はワンオーダー制になってて、子供でも必ず何か注文しないと行けないとの事。メニューは普通のカフェスイーツかカフェごはんって感じ。時間帯的にはおやつなんだけど、まだ甘い物はほとんど食べさせてないぴよさんの分はどうしようか迷う。まあ、私の食欲を考えれば、スイーツ2つくらい軽い。と思いつつ注文しようとしたら、

店員さん
「セット料金がどうのこうの・・・」

と、お得なセット料金とやらを説明される。私の頭ではイマイチ理解困難だったんだけど、要はスイーツ2つ+滞在料金よりも、スイーツ+飲み物+1時間の滞在がセットになった1080円の方が安いということらしい。ということは、1人でスイーツと飲み物2つずつか・・・。まあ、無理じゃない。ただ、



ヽ(;´Д`)ノ
飲みたい物があんまりない!



 色々悩み、他にもモニョモニョ揉めて、フレンチトースト、アフォガード、アップルジュース2つという何とも理解しがたい内容を1人で食べることになった。ていうか、アフォガードが「食べ物」扱いだったことに驚き。コーヒーの機械が壊れてるって言われたからコーヒーに代わる飲み物のつもりで頼んだら、

店員さん
「セットの飲み物はどうなさいますか?」

って聞かれて驚いた。アフォガード&何か飲む物って成立するのか?他のスイーツセットにしようか迷ったけど、大前提で「ぴよさんが食べてもいいと思えるもの」っていうのがある。最近のぴよさんは私が1人で食べてる物はおいしい物って気付いてるから、迂闊な物は食べられない。そこでさらに「コーヒーの機械が調子悪くて・・・」と言われたから、もう考えるのが面倒になってしまってフレンチトーストに飲み物3つという感じになってしまった。しかも飲み物の中の2つはアップルジュースだし。りんご好きと思われたかもしれないけど、



ヽ(;´Д`)ノ
これ以上料金の説明で混乱したくない!



って思っただけ。
 そんなこんなで、とりあえずフレンチトースト。
 

11.03.18.4.jpg

 確かに甘さ控えめ。私はメープルシロップを掛けて、ぴよさんにはそのままで食べた。甘い物を食べ慣れないぴよさん、顔を輝かせて「しー!(おいしい)」と言いつつ頬を2回叩いてベビーサイン。
 続いてアフォガード。
 

11.03.18.5.jpg


 刺さってるクッキーがなぜ何の脈絡もなくにょろにょろなのかという疑問は置いといて、こちらもあまり甘くなかったんでぴよさんへ。

11.03.18.6.jpg

 これと持参したかぼちゃクッキーがぴよさんのおやつ。フレンチトーストの大半、アフォガード、アップルジュース1.5杯は平らげた。でも水っぱらになってきたんで、ジュースは少し残しちゃった。
 1時間滞在で、2人で2260円。うーん、大人2人でちょっといいカフェに行ったと考えると、こんなもんか。ぴよさんがたくさんの猫さんを近くで見れて、触れて、追いかけれて、1人1000円強。ちょっといいカフェでおいしいケーキセットを楽しむのと、猫と戯れてついでに普通レベルの味のスイーツセットを飲食するのが、ほぼ同額。動物好きの私としては、後者もたま~に楽しみたいと思う。まあ、猫カフェは長時間滞在すると追加料金が発生するんだけどね。
 ちょっといいカフェより行きやすい点は、食器がチープな所。猫さん達が縦横無尽にうろついてるからなんだろうけど、子連れとしては助かる。あと、アットホームというかナチュラルテイストで洒落っ気があまりないから、ぴよさんが変な行動しても平気ってとこかな。
 初めての猫カフェ、結構楽しかった。ぴよさんも楽しそうだった。ぴよさんに砂糖たっぷりの甘い物を解禁したら、また行きたいな。メニューで悩むのが嫌だから、当分は行かないと思う。
 ずっと気になってたオッドアイの白猫君、最後の方にようやく正面から写真が撮れた。

11.03.18.13.jpg




(人´∀`*).。:*+゜゜+*:.。.*:+☆
オッドアイ、素敵すぎだよ!!!



 捨て猫だったらしいけど、オッドアイなら貰い手はいくらでもいただろうに・・・。むしろ買い取りたいって人だっているだろうに。捨てた人、何の努力もしなかったのかなぁ。こんなに素敵なのに。

11.03.18.14.jpg
 
 そりゃ人間同様、猫さんだって外見重視ではないけどさ。でも好奇心旺盛でぴよさんのマグを気にして寄って来るような子だし、決して飼いにくい性格じゃないと思う。なんで捨てちゃったのかなー。まあ、おかげで私は生まれて初めて、生のオッドアイの猫さんに会えたんだけど。妹に自慢しよう。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック