忍者ブログ

[PR]

2020/05/29/01:05  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

完母は完母で

2009/06/27/11:56  カテゴリー/[モブログ]モブログ

母乳って赤子が適当に吸えば適当に出てくるもんだと思ってた。色々注意が必要だし、母親が上手に飲ませてあげないといけないと知ったのは、前の職場の人にもらった母乳育児に関する本を読んでから。しかも面倒でなかなか読まず、読んだのは出産予定日1週間前とか。早く産まれてたら、無知なままだったところだ。
母乳トラブル深刻なのは乳腺炎。乳腺が詰まって炎症を起こし、激痛なうえに高熱が出るらしい。ひどくなると手術で治さないといけなくなるとか。
乳腺が詰まる原因でありがちなのは食事。一番ポピュラーかつ、うっかり摂ってしまうのは乳製品だろう。
昨日の夕食で出た牛乳たっぷりのクリームシチューをボケッとして全部食べてしまった私。夜中に、乳にしこりができたことに気付いた。それはもう、ゴリゴリの痛いやつが。母乳育児中の乳のしこりは乳腺が詰まってる証。上手く取り除かないと乳腺炎になる(らしい)。
別のありがちトラブルとして、まだ飲むのが下手な赤子によって乳首の傷が付くことがある。
今、このダブル攻撃を受けている。傷もちょいとひどいようだ。
1週間ほど前にもうっかりしこりを作っちゃったけど、その時は症状が軽いうちに赤さんに飲んでもらって詰まりを解消した。しかし今、しこりができてる方の乳首は授乳中と授乳後に泣くほどの激痛が起こる。
産婦人科の母乳外来に行けばいいんだろうけど、出産した産院がどんな治療方針なのかは未知。母乳外来専門で有名な桶谷式ってやつを実施してくれるとこが諫早市内にもあるようだけど、保険利かないうえに初診料がちょっと高い。
母乳が出にくい人や乳腺が詰まった人に施される「おっぱいマッサージ」という微妙なネーミングのマッサージがあるんだけど、これは結構な激痛を伴うとか。桶谷式とは、従来激痛を伴ってたマッサージを研究改良し、痛くない「桶谷式マッサージ」を施してくれるところだ。このマッサージを取得した助産婦さんは全国にポツポツいるけど幸運にも諫早市にもいた。もし私が母乳が出にくい人間だったらお世話になろうと思ってたところだ。
桶谷式の中でもかなり有名な人が福岡市内の、私達が住むアパートからそう遠くないとこにいる。出産前に読んだ母乳に関する本は、この人が書いた本だ。何かあったらお世話になりたいし、断乳の際には行きたいなと思っている。
ここで料金のことをつい考えてしまう。保険は利かないから、治療費はちょい高い。数千円したはずだ。あと、初診料が2000円程だったと思う。
ここで諫早の桶谷式に行き、福岡の桶谷式にも行ったら初診料を2回払うことになるじゃないか。今ならまだ乳腺が詰まってるだけで、深刻な炎症は起こしてない。痛みからして、起こしかけてるっぽいけど。症状がこれ以上重くなる前に、何とか自力で治せないものか。
インターネットで調べてみる。素人が下手に触って悪化することがあるという記述にめげずに、自力で治した人の話を熟読して実施。同時に乳首ケア。
悪化を感じたらすぐにタクシーで桶谷式にでも産院にでも行こうと思ってたけど、夕方前に何とかゴリゴリのしこりを和らげることに成功した。
しかしうちの母親も無知なことには驚く。乳製品を控えようとする私に「大丈夫大丈夫。気にしすぎ」とか言うし。だから夕食にクリームシチューやらグラタンやらを平気で作る。まあ、家族は私だけじゃないんだから、作ったことに文句は言わないけど。だから食べない私に文句言うな。
普通の母親なら、出産間もない我が子の体調をもうちょい気遣ってくれるんだろうなと思いつつ、もう慣れてるから自衛するしかないのもわかってる。でも、子育てに関する研究は25年前より格段に進んでることには気付いてほしい。
母乳育児はミルク育児に比べて楽って聞いてたけど、完母(完全母乳)は完母で大変じゃないかこのやろー。

拍手[3回]

PR

この記事へのコメント

無題

ちち吸うたろかぁ…(寛平ちゃん風)

お大事に アンド 育児ファイトっ

yuu | URL | 2009/06/28/Sun 20:53 [編集]

無題

今は決まった時間に眠れない&授乳とオムツ替えばっかで飽きたっていうだけだから序の口なんだろうね。
問題はアパートに戻ってからだ・・・。

しほ | URL | 2009/06/30/Tue 10:00 [編集]

↑ページトップ

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック