忍者ブログ

[PR]

2020/05/28/23:02  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人生いろいろ

2012/03/08/17:57  カテゴリー/[モブログ]モブログ

 朝、ベッドの周囲のカーテンを開ける時に、思い切って向かいのベッドの人に挨拶した。普通にはにかんだ笑顔で挨拶返してくれて、ホッ。
 私の反対側のベッドの2人は、多少は話す間柄みたい。前に同室にいた人が今日出産したと話して、小さく盛り上がっていた。それ以外は相変わらず沈黙が続いて・・・と思っていたら、午後に向かいのベッドの人の退院が決まった。明日退院だとか。またまた小さく盛り上がる反対側のベッドの2人。そこに、私の隣のベッドの人が会話に乱入。どうやら退院する人と治療法が似てるらしい。今だ!と思って私も強引に乱入した。


「今、何週間めですか?」

 強引だ。超強引だ。話の流れ無視だ。でも、妊婦に話し掛けるならまずコレだろ。
 強引だったけどそこそこ成功し、そこから4人での会話が始まった。
 それぞれの症状は、1人が8歳から糖尿病を患ってる人。生活習慣病のとは違うらしく、私にはよくわかんないけど体内でインスリンが作れない体質だとか。入院歴2ヶ月。明日退院。
 別の1人は、赤ちゃんの発育が悪くて、週数に対して赤ちゃんが小さすぎるんだって。最近成長が止まりつつあるから来週から陣痛誘発の処置をして、産んでから成長させるみたい。へその緒からより口から栄養入れた方が成長するのかな?入院歴3ヶ月。産婦人科の入院病棟で一番長いらしい。
 残りの1人は切迫流産と妊娠糖尿病。28週にして、子宮口が1センチ開いてしまったみたい。入院歴は1週間だけど、1ヶ月以上入院しないといけないかもと先生に言われたらしい。
 胎児が小さい人と切迫流産の人は、来院してその日に入院するように言われたんだって。そりゃ焦る。



(;´д`)
みんな大変なんだな・・・。



 自分の症状が軽く思えてくるのは、自覚症状ゼロだからだろうか。羊水過少ってやつがどれほど深刻なのか、よくわかってないせいかも。腎臓の方が障害がないのか心配だけど、こっちに関しては入院の必要性は言われてないし。産後、赤ちゃんの方は入院が必要かもしれないけどね。



( ┰_┰)
そう思うと憂鬱・・・。



 ちなみにみんな初産。私の陣痛話にビビりまくり。いっその事帝王切開したいと言う面々に、今度は帝王切開話でビビらせる。いや、ビビらせるつもりはなかったんだけどね。陣痛の時に母や旦那に腰を押してもらったら楽になったという話や、陣痛は今ではいい思い出だけど帝王切開は副作用も含めてつらかったし傷もしっかり残ってるという話もしておいた。もし緊急帝王切開になって、この話を思い出したらごめんよー。
 入院中は午前と午後にNSTの検査で赤さんの心拍と胎動と子宮の張りを計る。今日はそれに加えてエコーの検査。
 いつも外来で見てもらってたS先生は記録をし、検査するのは明らかに20代の若いY先生。黙々とエコーを見て、ジェルが足りなくてもゴリゴリ見ちゃって、最後にまとめてきっちり説明するS先生とはタイプが違うみたい。

Y先生
「ぼうこうにおしっこ溜まってますね。
トイレ我慢してました?大丈夫ですか?」


「あはは。ちょっと。
大丈夫です」

Y先生
「おしっこが溜まってると上手く見えないんですよね~。
ほら、これがおしっこです」

 これって何かのプレイですか。羞恥系の一種ですか。言い方が明るく笑い飛ばす感じで嫌な気分ってほどにはならなかったけど、心の中でツッコミ入れずにいられなかった。
 羊水は少しだけ増えてる。腎臓は相変わらず。赤さんは元気で、動くから写真が上手く撮れないと言われるほど。すっごく元気な時にしか見られないらしい呼吸の練習をしてるとかで、横隔膜がヒコヒコ動いてるのがわかる。もちろん、横隔膜って教えられて何かわかったんだけど。



(´・ω・)
元気な事がなによりです。



 今まで検査では、羊水の量を測る、腎臓の大きさを測るだけだった。通いはじめの頃に脳や心臓も見た程度。でも今日は顔も見せてくれた。横顔だけだったし、途中で動いたから顔そのものが見づらくなったけど。でも横顔の写真はもらえた。
 半月くらい通ったけど、毎回エコー検査する割には写真もらったことなかったんだよね。顔をはっきり見せてもらえたのも初めて。旦那サンに似てる気がする。骨格的に。でもやっぱ、猿に似てるかな。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック