忍者ブログ

[PR]

2020/05/29/01:31  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お医者さん

2012/03/13/20:41  カテゴリー/[モブログ]モブログ

 この病院の産婦人科は、3人一組のお医者さんのチームが3つあってそれぞれ患者を何人も担当しているみたい。看護師さんは10人以上いるっぽい。もしかしたら、20人くらいいるのかもしれない。
 今日、

主治医の先生
「今日の会議で小児科医とも話したんですけど」

と今後の事を話してもらった時に気付いたんだけど。私の腹の中にいる小さい命を助けるため、産まれた後も極力健康に生きていけるように、大勢の人が努力してくれてるんだなぁとしみじみ思った。
 入院してる人の中には私より遥かに重症で、医学がなければ赤ちゃんが死んでたであろう人もいる。母子共に駄目だろうって人もいる。
 私は現時点では、羊水が減りすぎたら胎児仮死になることもあるってだけだけど、産まれる赤さんは腎臓に異常があって処置をしないと生きていけない可能性もある。
 少し遡れば、ぴよさん妊娠中は自然な陣痛が来てない。40週過ぎたら羊水が濁っていって死産の確率が増えるからって、陣痛促進剤使った。
 もし人間以外の生物だったら自然の中で淘汰されるべき弱い遺伝子だと思う。それが、前回も今回も人間であること、医学が発達してる事に助けられて出産する。
 もし腎臓に大きい異常があれば、それこそ現代医学に助けられる。
 3人の優秀な先生が知識と経験を駆使してくれ、帝王切開の手術の時は麻酔医の先生も加わり、産まれたらすぐに小児科医の先生が腎臓をしっかり診てくれる。大して優秀な遺伝子でもないのにね。いや、それが仕事なんだって言われたら、それまでなんだけど。
 命って尊いんだなぁとか考えてしまった。まあ、こんな事考えちゃうくらい暇って事。
 旦那サンがゲーム買ってくれたおかげで、ついダラダラとゲームやってしまいそうになる。



(ノ-_-)ノ
これ以上アホになっても困る。



と思って、午前中の暇な時間は読書、午後早いうちの暇な時間は裁縫、おやつの後は携帯でネット見たりブログ書き始めたり。ゲームは消灯時間後にベッド周りのカーテンを閉めてからと、早朝5時とかに起きてしまった時にカーテンを開けるまでと決めた。
 思い付いた時に思い付いた事をするより、少し生活に張りが出たと思う。少しね、すこ~し。
 凄く忙しそうな先生達の患者である私は、悠久な時間を持て余してるだけ。ちっぽけな存在だと、つくづく思った。
 先生達は1日に1回、消灯前に3人一緒に各患者を巡回して

「どうですか」

とか声を掛ける。たまに2人なのは、勤務形態の都合かな。エコー検査があった時は、その話もちょっとしたり。エコー検査した後に、一旦話してるのにね。
 あと、午前中に主治医の先生だけちょろっと顔を見せて一人ひとり声を掛けていく日もある。
 すごく忙しいだろうから私みたいに日々の変化は特にない患者は飛ばしてくれてもいいのに、きちんと巡回してる。総合病院ってもっと淡々としたとこだと思ってたから、びっくりしてるとこ。
 ちなみに子宮系の病気で長崎市内の大学病院に行った人に聞いたことあるんだけど、なかなかの冷淡っぷりだったらしい。病状や治療法の説明の時にメモ取ってたら舌打ちされたり、質問したら「どうせわからないでしょうけど」と言ってから詳しく話始めたり。
 転院の話が出た時に、この総合病院と大学病院とどっちがいいか聞かれたけど、比較的近いからって理由だけで総合病院を選んだ私。ラッキーだった。
 看護師さんは、人数が人数だけに色々。目を見てきめ細かい声掛けをしつつお世話してくれる人が、ごく数人。キビキビして、看護師さんのイメージそのものって人が大半。目も合わせず声も小さく仕事!って感じでやってる人も少し。
 仕事って割り切ってるオーラが出てる数人は残念だけど、あとの人達は



(つ´∀`)つ
看護師さんって、まじ天使!
特に、優しい数人の人達は、男なら惚れてる!



 白衣の天使とはよく言ったもんだ。ここの病院は、ピンクに薄い柄のある天使だけど。
 悠久な時間に身を委ねるしかない私だけど、一番の楽しみは新生児室を覗くこと。基本的に母子同室だけど、場合によっては預かってある。帝王切開の場合の、最初の2日間とかね。見る度に、



(*´∇`*)
赤ちゃんってこんなに小さかったっけ?
赤いなぁ。
軽そうだなぁ。
可愛いなぁ。



 物凄く庇護欲を掻き立てられ、母性ホルモン出まくり。いい乳が出るかもしれない。
 考えてみたら、産まれたばっかの赤ちゃんってぴよさんしか見たことない。一応5歳の時に妹も見てるはずだけど、覚えてない。それが、この1週間で5人は見てる。退屈な入院中の、至福なひとときだ。
 自分の子が産まれたら、メスで切った傷は痛いし授乳とオムツ替えは頻繁できついしで、のほほんと「可愛いなぁ」なんて言ってられない記憶がある。だから、ただただその可愛さを愛でて目の保養のごとく眺められるのは今だけだろうな。
 入院初日に母がぴよさんと売店に行った折り、ぴよさんにも赤ちゃん見せたらしい。母によると、パッと顔を輝かせたって。弟見ても喜んでくれるといいけど。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック