忍者ブログ

[PR]

2020/02/29/09:21  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

聞き耳とケーキ

2011/03/06/21:58  カテゴリー/[日常]日常

 旦那サンの実家にぴよさんを預かってもらえたから近くのパスタ屋さんにランチを食べに行ったら、隣の席に70前後と思われる男性2人と女性1人が座った。セーターにスーツのジャケットみたいな感じの、ちょい悪じいさんみたいなオシャレなおじいさん達と、マダムっぽい品のいいおばあさん。
 彼らの話が結構聞こえてきたんで聞くともなく聞いてたんだけど、男性の1人が昨今の早期英語について語り始めた。話し方や内容からして、どっかの教育施設で働いてたんだろうな。高校か大学か塾なのかはわからないけど。教育に関する話なんで母親として気になるところもあり、ちょっと耳を澄ませて聞いていた。
 そのおじいさん、次に読みやすい文章を書くことについて語り始めた。そこから最近の文学の傾向、荒廃ぷり(たくさん出版されるけど本当にいい本は少ない的な事)についても話が及んでいく。曲がりなりにも私は大学で国文学を勉強したし専攻は現代文だった。これまた気になる内容だったから、さらに耳を傾けた。そしたら私、無意識のうちにチラチラとそっちを見てしまって話してるおじいさんと目が合ってしまった。急に声を低くするおじいさん。



ヽ(;´Д`)ノ
ちがっ・・・。
話に興味があるからチラ見してるんであって、うるさいから見てるわけじゃないんですよ!



と思いつつ、なるべくそっちを見ないようにしてさらに耳を傾ける私。隣の話に集中しながらパスタを食べてたから、フォークを落としてしまった。


「すみません!(店員さんを呼んだ)
フォーク落としちゃったんで、新しいのいただけますか?」

 早く話の続きを聞きたかったんで、顔も声も無表情かつ早口なってしまったせいだろうか。話してたおじいさん、再び私をチラッと見てから話をうやむやに終わらせて持ってたプリント集に目を落とした。残った2人は位置的に私に気付きにくかったせいか、話を続けてる。でもその内容は、さっきのおじいさんほど興味をそそられる物じゃなかった。



。・゚・( つД`)・゚・。
あーあ。



と思いつつパスタを食べ終えて、悔しかったんで近くのケーキ屋さんでケーキを2個買って帰って1人で一気に食べた。
 という話を電話ついでに世間話で旦那サンに話したら、

旦那サン
「話のつながりがおかしい」

と言われた。私の中では一応つながってたんだけどね。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック