忍者ブログ

[PR]

2020/02/26/01:34  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

旦那サンの誕生日

2011/08/13/22:20  カテゴリー/[日常]日常

 ぴよさん妊娠中もそうだったけど、今回もつわりの症状は同じ。



(;´Д`A ```
料理をしようとすると、頭が真っ白になる。



 何を作ったらいいのか、さっぱり思い浮かばない。無理してメニュー決めても、何からやっていいのか考える事ができない。
 ぴよさんの時は共働きだったから、当時分担してた家事の一切を旦那サンがやってくれた。今の私は専業主婦。「ご飯作れない」って言いづらい・・・と思いつつ、言っちゃう。


「ご飯作って」

旦那サン
「じゃあ今日俺の誕生日だから、外食しよう」

と言って、どこに行こうか考え始めた旦那サン。
 ぴよさんは私との2人カフェのおかげで、外食にはまあまあ慣れてる。ぴよさんが食べる物さえあるとこなら、どこでも大丈夫だと伝えたら、旦那サンの候補がぐんと広がってしまった。ぴよさん重視で〇〇にするか?行きたかった××にするか?無難に△△にするか?



(;´Д`A ```
アンタ、こういう時優柔不断のA型って感じだよね・・・。



 空腹時のつわりによる吐き気を抑えるため、飴を食べ続ける私。ぴよさんはトイレトレの影響か、

ぴよさん
「ぱんちゅしゃらしゃら」

と言って、じゃがりこを指差す。トイレトレの時に特別に食べさせたじゃがりこの残り、そのまま放置してた。ぴよさんは相変わらず「食」への執着が薄い子で、じゃがりこは気に入ったけど与えない限りは食べない。ただ、この時はお腹空いてたんだろうなぁ。だって旦那サン、6時半過ぎからずーっと検索してるんだもん。
 トイレトレ中に昼ごはん直前に無断で食べて私から軽く叱られたせいもあってか、勝手に食べなかった事には感心した。


「パンツサラサラなら食べていいよ」

と言うと、1つ取り出して食べる。食べ終えるとまた、

ぴよさん
「ぱんちゅしゃらしゃら」

と言う。旦那サンと一緒になってパソコンを見ていた私は、一瞬返事が遅れた。するとぴよさんはより大きい声で

ぴよさん
「ぱんちゅしゃらしゃら。しゃらしゃらよ!」

と言う。



。・゚・( つД`)・゚・。
可哀想に。
父親が優柔不断なせいで、お腹空いても晩ごはんにありつけないなんて・・・。



 もう好きに食えよ!とも思ったけど、どうぴよさんに伝えていいかわからずにそのまま「パンツサラサラ宣言」を受け入れていた。再びすぐに返事できなかった時は、ぴよさんは私の手をガシッと掴んで自分の股間に持って行くという荒技。



il||li_| ̄|○ il||li
確かに、トイレトレ中は私もぴよさんのパンツサラサラ状態を確認したけどさ。
そんな無理やり私の手を掴んで股間に持って行くとかさー。



 父親にはやらないであげてね。
 結局お店選びに40分くらいかかった旦那サン。何で私がキレなかったかというと、最近気分が悪いと家事をサボってる罪悪感と、「やすの誕生日には私がケーキ買ってくるからね」と言ってたのに体調悪くて買いに行けなかった罪悪感と、ぴよさんと私の誕生日は旦那サンの実家でお祝いしてもらったのに旦那サンの誕生日には「うちにおいで」コールがないことへの憐憫の気持ちとかで、今日は珍しく我慢した。
 旦那サンは結局、近所のおいしい中華をチョイス。私が全盛期の半分程度しか食欲がないこともあって、そこそこリーズナブルな額で旦那サンの誕生日の晩餐は終了した。ケーキもなし。本当、悪いと思ってるよ。来年はちゃんとお祝い・・・できるかなー。
 ぴよさんは、何かわかんないけどめっちゃお腹空いた日だっただろうなぁ。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック