忍者ブログ

[PR]

2020/02/26/01:38  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

旦那サンの実家で

2011/07/24/22:13  カテゴリー/[日常]日常

 旦那サンの実家で、私の誕生日祝いをしてもらった。義母は料理がへt・・・あまり得意ではない人だから、ピザを頼んでのお誕生会。でもって近所のケーキ屋さんで買ってきてくれたケーキには、大きいローソク3本と小さいローソク3本。

11.07.24.1.jpg
 
 自分の誕生日以来、すっかり「はぴばーしゅ」がお気に入りのぴよさんに火を消してもらう。



(●´ε`●)
ふーふー



 ぴよさんの肺活量じゃ、なかなか火は消えない。どんどん顔を近付けていくぴよさん。




Σ( ̄ロ ̄lll)
やばい!口を火傷する!



と思った瞬間、義妹が一気に火を消してくれた。義妹はぴよさんをからかおうと思ってちょっと息を吹きかけたら一気に全部消えたと焦ってたけど、いやいやグッジョブだよ。
 義母は、晩ごはんは何にしようとか、ケーキはどこで買おうとか、色々悩んでくれたらしい。決して気立てがいいとは言い難い嫁なのに、ありがたい話。義母にとって私は何を考えてるのかわからないらしく、旦那サンや義妹に色々相談したそうだ。私は決して無口ではない性格だと思うけど、義母には圧倒されることが多い。
 この日の例で言うと、我が家のアパートの隣室の話になった時の事。

義母
「お隣さんって、管理人さんのお孫さんでしょ?」


「いえ、しょっちゅう面倒見てあげてるみたいですけど、孫じゃないみたいです」

義母
「でも管理人さんと話した時『うちの孫は~』っていう話をしてたよ」

旦那サン
「それは別のとこに住んでる本当の孫の話やろ」

義母
「え?でも管理人さん、お隣のお宅に時々行ってるでしょ」


「10数年の付き合いみたいですからね」

義母
「でも孫じゃないとそこまでできないよね」


「・・・」

 納得いかないなら納得しなくてもいいですよ。なんて、言えるわけもなく。結局義妹が

義妹
「同じアパートに住んでる兄ちゃんとしほさんが違うって言いよるんやけん、違うとやろ」

と助け船を出してくれて、義母も何となく黙った。



(;´Д`A ```
悪意なく反論しまくりたがる性格、どう対応したらいいかわかんない。



 難しい人だ。悪い人じゃないんだけど・・・。むしろ悪い人だった方が、スパーンと言い返せる気がしなくもない。こういう感じの会話がわりと頻繁にあって、長く話すのが苦手だ。で、何て言っていいかわからなくて無言になっちゃったりしてる。それで何を考えてるかわからない嫁って思われるんだろうな。
 あ、いかん。今回の反論しまくりが結構疲れたんで、悪口みたいになってしまった。いや本当、面倒臭くなったら無言になる私のような嫁に良くしてくれて、本当に感謝はしてるよ。母親としても、いつもいつも我が子を気に掛ける姿勢は参考になる。私の母親がそうじゃなかったから、本当に感心する。孫はもちろん、嫁まであんなに気に掛けてくれるなんて頭が下がりますよ。
 しかも誕生日プレゼントまでくれようとしてくれる。何を選んだらいいかわからないからリクエストしてって言われるけど、何を頼んだらいいのやら。今欲しいのは自転車の荷台に付けるカゴとか、アイロン台の足が壊れたからアイロン台とか?あと、洗濯物干すやつの洗濯ばさみがバシバシ折れてきたから、それ?うーん、多分そういう日用品じゃない物がいいっぽい。義妹も

義妹
「何か考えといてください」

って言ってくれるし。本当に、ありがたい。でもちょっと、何頼んだらいいかわかんなくて困ってるけど。気持ちだけで、充分嬉しい。
 ま、もう一個不満を言えば、ぴよさんも食べるんだからチョコレートケーキにはしないで欲しかったとかも思ったけどね。次は来月、旦那サンの誕生日がある。その時は私がケーキを選ぼうかな。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック