忍者ブログ

[PR]

2020/02/29/04:52  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

旦那サンの八つ当たり

2012/07/17/01:34  カテゴリー/[日常]日常

 何だかんだ言って穏やかな性格な旦那サンだけど、蒸し暑さだけは敵だ。蒸し暑いと考えられないくらいイライラして、普段受け流せる事も受け流せない。八つ当たりとかもやっちゃう人。結婚してから最初の夏に大喧嘩して以来、旦那サンも気を付けてたし私も蒸し暑い日は先んじてクーラーを点けたりしていた。
 でも、今年の夏は節電の夏。日本がってわけじゃない。 我が家が。 だって、旦那サンの仕事が全然忙しくならないんだもん。一体いつまで絶賛節約中を続ければいいんだか・・・。
 ずっと扇風機で頑張ってた旦那サンだけど、どうやら夜に突然プチッときたみたい。いつもは

ぴよさん
「おかあしゃんとお風呂入る」

と言うぴよさんを上手く宥めたりおもちゃで釣ったりして、旦那サンがお風呂に入れる。でも今日は、無理やりぴよさんの服を脱がせて小脇に抱えてお風呂に行った。で、お風呂でおもちゃで遊びつついつも通り平和に納めると思いきや苛立ちに任せて振舞ってるようで、ぴよさんの泣き声が段々ギャン泣きに変わっていく。

ぴよさん
「おかあしゃんと入る!
おかあしゃんと!おかあしゃんと!
うわあああああん!!!」

 それに対して旦那サンは、

旦那サン
「ほら、さっさと浸かれ!」

と、滅多に出さないイライラ声。途中で「タロさん連れて来てOK」のお風呂のブザーが鳴ったんでタロさんを裸にして連れて行くと、

ぴよさん
「おかあしゃんと!入る!
うわあああああん!!!」

と号泣し続けるぴよさんが、かなり強引にお風呂から押し出された。タロさんを渡し、ぴよさんにバスローブを着せて脱衣所で抱きしめて慰めてたんだけど当然ながらなかなか泣き止まない。


「タロさんが上がったらお母さんが入るから、その時一緒に入ろうね」

と言うとようやく肯いたけど、なかなか泣き声は治まらない。そこに飛ぶ、旦那サンの怒号。

旦那サン
「うるさい!」

 びっくりして泣くタロさんの声も。旦那サン、ちょっと我を忘れてるっぽい。とにかくぴよさんに一緒にお風呂に入り直す事を約束して、タロさんがお風呂から上がった時の準備をするために2人でリビングに行った。ほどなくしてタロさんを抱っこして旦那サンがお風呂から出てくる。タロさんを受け取って体を拭き、肌着を着せてると、

旦那サン
「オラ、早くパジャマ着ろ!」

と、またまた旦那サンの怒号。また泣き出すぴよさん。これは一旦ぴよさんと離して、イライラを鎮めさせねば。そう思ってた矢先、旦那サンがギャン泣きしてるぴよさんのバスローブのフードを掴んで引きずった。



(-"-)
はい、ここで私の理性も終了。



 旦那サンの背中にミドルキックを・・・と思ったけど考え直して正拳突きを打った。
 一応それまで黙ってたのは、旦那サンは元々は私のためにぴよさんをお風呂に入れてるから。私がゆっくり入れるようにと、ぴよさんが私と入りたがっても何だかんだと上手い事釣って、自分と入るようにしてくれてる。その方法が今日はちょっとイライラして乱暴になってる・・・と思ってたんだけど、途中からやり過ぎと言うか目的が変わってるようだった。


「そこまでしてやすと入らせる必要、ないけん。
今日はやす、乱暴すぎる。
とりあえず今から私と入り直すから」

 子供の前であんまり激しく口論するもんじゃないと思って、手短に言う。物凄くイラッとした顔をした旦那サンは、そのまま自分の部屋に行った。私がぴよさんを慰め直して着替えを取りに行くと、旦那サンは部屋着から外出着に着替えている。イライラが頂点に達したから、外出して頭を冷やすんだろう。

旦那サン
「あんたは自分だってぴよに感情的に怒る事あるくせに」


「感情が爆発する事はあるけど、ああやっていつまでも厳しくしたりはせんよ。
ぴよ、怯えとったやん」

旦那サン
「自分はするくせに、人には文句言う癖やめてよね」




┐(´-`)┌
だめだこりゃ。



 イライラが爆発してる時に私にパンチされ、だからと言って殴り返すわけにはいかないって空気だけ伝わって来る。とりあえず頭冷やしてこいという意味を込めて、私は黙ってぴよさんが待つ脱衣所に戻った。旦那サンは、私がお風呂に入ってる間に出掛けた模様。
 まー多分、コンビニで立ち読みして、好きなラーメン屋でラーメン食べて替え玉もして、今日はネカフェにでも泊まるんじゃないかな。帰って来ない気がする。
 てなわけで、旦那サンの家出から5時間ほど経過。案の定、まだ帰って来ない。明日の昼くらいになっても帰って来なかったら、義母に「そっちに行ってませんか」ってメールしてみよう。もちろん、「暑さでイライラして、ぴよを必要以上にきつく怒り続けていたから私が殴りました」的な事も正直に書くつもり。ぴよさんが絡むから、義母は私の味方をしてくれるだろう。旦那サンは自分の母親が怖いわけじゃないけど、義母の長い話が苦手。延々と文句を言われ、音を上げて帰って来ると思われる。まあでも私の予想では、明日の昼過ぎに帰って来るかな。明日はスイミングに行くっていってあったから、スイミング行ってる間に帰って来るんじゃないかなぁ。
 今頃冷静になってるだろうか。それとも未だに、私は良くて自分は駄目ってのはおかしいとでも思ってるんだろうか。ちなみにもし私に暴力を振るったら「離婚どうこうより、まず寝首かくから気を付けといて」と言ってあるけど、まあ彼の性格を考えると暴力だけはないと思う。万が一にもあったら、即刻義父母と義妹にチクるけど。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字