忍者ブログ

[PR]

2020/05/26/00:01  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

年越し

2009/12/31/22:32  カテゴリー/[日常]日常

 生まれて初めて実家以外で年越すわ~。結婚しても毎年年末年始は私の実家で過ごしてたもんな~。まさかこんな汚い部屋で年越しする日が来るとは思わなかった。

 昼間、旦那サンの実家に行ってきた。アパート出たとたんに雪が降り始め、ベビーカーに乗せたぴよさんは大泣きし、抱っこ紐&ママコートで来なかったことを大いに後悔した。ぴよさんは生まれて体験した寒さだったに違いない。クリスマスに母からもらった防寒具を着せてたけど、あれは肩が出るんでもうちょっと寒さが緩い時向けだったみたい。むき出しの手とかがかわいそうで、何の試練かと思った。
 義父は1人で自分の実家に帰ってるんで、いるのは義母と義妹だけ。義母は相変わらずのKYっぷりで、 うざい 面倒くさい。

その1
 大手デパートの初売りチラシにケーキ屋が4店載ってた。どこのケーキ屋がお勧めが義妹に聞いたところ、あまり詳しくないという返事。それを聞いていた義母、全く話題にもしていないケーキ屋を図説で「ここのケーキ屋はこういうのがある」「ここのケーキ屋は一度買ったけど忘れた」等々、あまり役に立たない情報をガンガン話し出す。いや本当、役に立たなすぎて聞いてるのが苦痛だった。話が長いっつーの。

その2
 うちのアパート、私の不注意で洗面台にヒビが入っちゃったんだけど、その話をしたらえらく食いついてくる。「洗面台のどの辺り?この紙が洗面台だとしたら、どの辺?」「ヒビの大きさは?」「深さはどれくらい?」「水漏れは?」覚えてるだけで、これだけの質問。まだあった気はするけど、覚えてない。このがっつきっぷりに、若干引く。

その3
 ぴよさんに手編みのシューズを履かせてたら、とても褒めてくれた。それはいいんだけど、「クリスマスプレゼントに毛糸を買ってあげようか?」と。私は作りたいものがあって初めて毛糸を買う派なんで断ったら、「洋服作ったら?自分が好きなデザインで」と重ねる。今は取り立てて何かを編みたい気分じゃないし、私は小物を編むのが好きなんでそれも断ったら、「何で?何で?」としつこく尋ねる。今は作りたくないって理由じゃダメなんすか?

その4
 ぴよさんが眠くて機嫌が悪いのに、「抱き癖がついちゃったねー」とうるさい。抱き癖に関しては何度も「今はそういう考え方じゃない。私はできるだけ抱っこする」的なことを言ったけど、もう面倒なんで強引に無視して目も逸らしてた。すんません。

その5
 ぴよさんは眠くてグズグズ言ってるのに「赤ちゃんは音が鳴る物に興味がある」と、目の前でしつこく手を叩く。そりゃぴよさんは、何だろうって一瞬見るけどさ・・・。また泣いてる辺りで、大して喜んでないことに気付いて欲しい。

その6
 「しほさんを楽させてあげたい」とグズグズ言ってるぴよさんを抱っこするも、当然ギャン泣きされる。ぴよさんは私に戻ってくると泣き止む。するとまたすぐに「しほさんを~(略)」とちょっと強引に奪う。また泣かれる。これを3回繰り返す。そんな見え見えの親切ごかし言わないで、素直に「ぴよさんを抱っこしたい」って言って欲しい。そしたら今は機嫌が悪いからって一旦断りやすいし、機嫌が落ち着いた時に「抱っこしてやってください」と言いやすいのに。

その7
 義母がちょっと離れたんで、隣の部屋で義妹とネットチラシを見ていた旦那サンのところに行く。彼らが電化製品の福袋の話をしているのを聞きながら揺らしてると、ウトウトしてきたぴよさん。そこへ義母が登場。「これがあったよ!ほら、ぴよちゃ~ん」と目の前でオルゴールを鳴らす。あーあ、起きちゃった。

その8
オルゴールをしばらく見つめた後、泣きだしたぴよさん。義母は今度は引き出しをゴソゴソしてると思ったら、鈴を取り出してリンリン鳴らしだした。いやあの・・・。本当に、見てわからないみたい。

その9
 「今眠くて機嫌が悪いみたいなので寝せますね」と結構ストレートに邪魔って事を伝えたら止めてくれたんで、再び旦那サン達が見ているネットチラシを見ながらぴよさんをゆらゆら。ぴよさん、再びウトウト。すると義母、急にぴよさんを取り上げて「しほさんも腕がきついだろうから」と言う。当然ぴよさん大泣き。ぴよさんが寝入るまで、あと少しだったんだけどなぁ。私の方見て泣いてるんで、義母からぴよさんを取り返す。だから機嫌悪いんだってば。機嫌悪い時は私の抱っこじゃないとギャン泣きするって言うの、今日だけで3回目?4回目?これまでで換算すると、20回近く言ってると思うけど。

その10
 ぴよさんが何と泣き止んだら、また「しほさん、腕きついでしょ?」と。もうきっぱりと「寝せたいので(にっこり)」と断る。寝そうなら・・・と全員部屋を出ていってくれたけど(やっとですよ)、隣の部屋で話す声が大きい。せめて扉を閉めてほしかった。

その11
 やっと眠れたぴよさんは、1時間ほど寝た。起きると同時に泣くんで、しばらく抱っこ。寝起きでご機嫌斜めのぴよさんは、慣れない顔が近くにあるんでさらに大泣き。義母・義妹をチラッと見て私を見ながら大泣きすることを繰り返してるんで、2人の子供を育てた義母ならぴよさんの大泣きの原因はわかってくれるかと思いきや、一生懸命あやそうとする。近い!顔近い!そりゃぴよさん泣くっつーの。泣いてるのに、「泣き虫ちゃ~ん」といつまでもあやそうとする。だめだこりゃ。

その12
 ぴよさんにクリスマスプレゼントをあげたいけど(今さら!?)何をあげたらいいかわからない義母、パンダの小さいぬいぐるみを持ってきて「こんなお人形は?」とぴよさんに見せる。ぴよさんは色んな物に興味を持ち始めてる時期なんで手を伸ばす。ぬいぐるみはまだちょっと早いと思った私、「うーん、ちょっと早いかもしれません」と言ってみたけど、「でも見てるよ。ぴよちゃん、ぬいぐるみ好き?」と勝手に言ってる。そりゃーそんなに目の前で動かしてたら見るし手を伸ばすよ。買いたきゃ勝手に買えばいいじゃん。好きにしたらええがな。

 前からKYな人だったけど、ぴよさんに関わることはなかなか困らされている。とにかくぴよさんを抱っこしたい、かわいがりたいって気持ちは伝わってくる。その気持ちはありがたい。でも、もうちょっと空気を読んで欲しい。柔らかく断ってもなかなか伝わらない人なんだよねー。悪い人じゃないんだけど、断っても好意めいたものをゴリゴリ押しつけてくる。
 人見知りが始まりだしたぴよさんは、3ヶ月も会ってない義母に対して泣くっていうのを理解して欲しい。これは無理な願いなんだろうか。これから時々会うようにしてたら段々慣れてくると思うんで、それまで待って欲しいんだけど・・・。
 旦那サンは「ストレートにバシッと言った方がいいよ」って言うけど、一応嫁として遠慮するってもんじゃないか。でもそのうち言ってしまうかもしれない。
 旦那サンはシスコンなんで、実家では基本的に義妹とばかり話す。シスコン仲間としてそこのとこはまあいいんだけど、アイコンタクトを送ってもこっちを全く見てないんで一方通行ばかりなのには困る。時々はヘルプが欲しいんだけどな。
 まあ今回、ぴよさんが機嫌いい間はずっと義妹が抱っこしてたからな~。義妹でご機嫌タイムが終了したんで義母には抱っこお願いできなくて、ちょっと不公平だったかもしれない。不公平って言うと上から目線っぽいけど。でも義母も「しほさんを楽させたい」なんて言わないで、義妹みたいに「抱っこさせて~」って言ってくれたらいいのに。
 行けたら明日も新年の挨拶をしに行く予定なんで、その時はタイミングを見計らってお願いしようか。そう思いつつ、ちょっと早いけど年越しそば。

09.12.31.1.jpg

 旦那サン作、辛味大根を使ったおろしそば。今日の辛味大根は、何だか水分が多かったな・・・。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック