忍者ブログ

[PR]

2020/05/29/01:28  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

外食考察

2011/08/04/22:42  カテゴリー/[日常]日常

 私の母は添加物=悪、レトルトとかとんでもない、外食もあんまりさせたくないって感じで私と兄を育ててた。妹の時には手を抜きまくって、かなり規制は緩くなっていたんだけど。
 親の目を盗んである程度好きな事をしていた兄とは違い、従順だった私はファーストフードとかファミレスとかの食べ物がまずくて食べられない体質になっていた時期があったくらいだ。おかげで高校時代は友達の集まりに参加できないこともあった。大学入って一人暮らしをしてから徐々に改善され、バカ舌になると同時に人付き合いも楽しくなっていき、今ではそれなりに何でも食べれるようになったんだけど。
 鋭敏な舌と引き換えに友達を失った人生、決して良かったとは思えない。ファーストフードとかでガールズトークして、友達いっぱいって人生の方が遥かに豊かだったと思う。だから私は、ぴよさんがある程度の年齢になったらマックとか行ってもいいと思ってる。私は未だにマックは駄目なんで、理想は旦那サンとぴよさん2人でお出かけした時に

旦那サン
「お母さんには内緒だぞ」

って感じでハッピーセットとか食べて帰ること。まあ、旦那サンはこういう話し方しないけど。それはともかく、「お母さんは快く思ってないけど、美味しくて楽しいとこ」とでも思ってくれたらいいなーと思う。父娘の共通の秘密ってことで、絆が強まると思うし。
 あと、レジャー施設のレストランとかも憧れがあった。大人になってみると高いのにマズいって事はよくわかったけど。でもやっぱ動物園とか遊園地とか、どこ行っても慣れた味のお弁当って不満はあった。母は料理は上手いんで、たっぷり遊んだ後は殊更美味しかったのは間違いない。でもたまにはさー、って思ってた。一度母に言ったら、


「あんた達のために作ってやってるのに!」

って怒られて、自己満足でやってるくせにーとか思いつつ「なら食べるな」と言われても困るんでそれからは不満は飲み込むようになった。
 ファミレスに行ける友達も羨ましかった。そんなわけで、私はぴよさんに時々はジャンクな味も味わわせたいと思ってる。ジャンクな味って子供には魅力的なんだよね。そう頻繁でなければジャンクな味に慣れ過ぎる事はないと思うからさ。



という話を、昼食作るのが面倒だったから最寄りのファミレスに行った時に旦那サンに話した。

旦那サン
「ん?
自分への言い訳、おつかれ」

と言われた。私の心を読むの、止めて欲しい。ていうか、明日からがんばります。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック