忍者ブログ

[PR]

2020/02/29/04:12  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドカンと一発

2012/06/22/07:07  カテゴリー/[日常]日常

♪ ドカンと一発 やってみようよ~♪

と、懐かしい歌を心の中で口ずさみつつ。そういや真心ブラザーズって最近何やってるんだろうなぁ。・・・じゃなくて。
 一人で冷戦状態作ってるみたいな状況に飽きて、もう思いの丈をぶつける事にした。ぴよさんを寝かしつけた後、部屋に籠ってネットとゲーム三昧の旦那サンの横に座る。


「あのさ、こうやってずっとネットとかゲームとかばっかりしてさ、話もままならんのって一緒に住んでる意味あるの?」

 旦那サンは私の意図を即座に察して、顔を強張らせるパソコンから手を離した。

旦那サン
「・・・・・・・・・・・・・・・・あるよ」


「少なくとも私には、あるとは思えん。
こんなのって私からしたら、生活保護もらいながら暮らしてるのと変わらんよ。
私がゲームし過ぎないでって言うのがそんなにうっとおしいなら、私達はいなくていいじゃん」

旦那サン
「・・・・・・・・・・・・・・・・どうして欲しいと?」

 下方気味の目線を、時々私に合わせる旦那サン。ぴよさんとタロさんを優先させるという事はもちろん、ネットとゲームはほどほどに、部屋に籠り過ぎない。とりあえずこれだけを主張した。ネットとゲームをほどほどにさえすれば、ぴよさんと遊んでくれるし、タロさんをあやしてくれるし(下手だけど)、頼まれた家事は早いうちにこなしてくれるし、普通にしてれば会話も弾む普通の夫婦のはずだ。

旦那サン
「わかった。他に何かある?」


「あのね、やすがネットをし過ぎて私が別れる事を考えるのって、もう3回目か4回目なんだよね。
で、その度にやすは一応止めるけど、結果的にまたこういう事になってるやん。
いい加減にして欲しい」

旦那サン
「わかった。他は?」


「それだけ」

 間。
 「別れないで!」とか縋るタイプじゃないから、まあこんなもんでしょ。何事にも執着心なく右から左に受け流す旦那サンが、他の人と比べたら随分少ないながらも家族を維持する事には多少の積極性を見せるというだけでも、私から見たらなかなか凄い事なわけで。
 他人とぶつかり合うのは損だからのらりくらりした性格のフリしてるけど実際はプライドが高い旦那サンが屈したところなんて滅多に見れるもんじゃないよなーと、自分が演出したレア現象に勝利を確信した。
 旦那サンが明日から変わらなければ、本当に破綻になるだけで。
 結構長い事イライラしたけど、「他人を変えるのは難しい。でも自分なら簡単に変えられる」という言葉に従ってこういう結末になった。結果、旦那サンを変えることはできた・・・と思いたい。
 でもさー、旦那サンが明日から心を入れ替えたとしても、数年後にまた同じ問題を起こしそうな気がしないでもないなぁ。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字