忍者ブログ

[PR]

2020/02/29/04:46  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

姪達のお迎え

2011/04/15/11:44  カテゴリー/[日常]こどもがいる日常

 今週いっぱい実家におります。実家は楽だけど暇だー。
 さて、今日は姪達のお迎えを頼まれた。まずは学童で姪その1と姪その2を迎えに行ったんだけど、学童の先生に名乗ってから姪達が帰る準備をするのを待ってる間に女の子がぴよさんと遊んでくれた。

女の子
「この子、(姪その1)ちゃん達の妹?」


「ううん。イトコだよ」

女の子
「(姪その3)ちゃんに似てる」




(゚Д゚;)
まーじー?



 姪3人のうち上2人は義姉似、姪その3だけが兄に激似だ。その姪その3に似てるって?思春期に私を無視するようになって、長いこと私とは仲悪くて、最近ようやく少しは話すようになった、あの兄に?それは嫌だ。それだけは嫌だ。ちなみに兄と私は似てない。共通の知り合いにも全然似てないと言われるから、確かだと思う。それなのに、ぴよさんと姪その3が似てるの?似てないよ!ねえ!何か気分がモヤモヤするんだけど!
 姪その1・2を回収した後は、ぴよさんの顔を何度も確認しつつ姪その3を迎えに保育園へ。昔私が通ってた保育園ではあるけど、姪その3のクラスの場所なんてもう覚えてないし、帰り支度は何していいかわからないから、2人の姪に


「どうやって連れて帰ったらいいかわからんから、どっちか付いてきて」

と頼んだら姪その2が来てくれることになった。
 園内に入って姪その3のクラスに行こうとすると、姪その2は

姪その2
「あ、(姪その3)ちゃんだ」

と園庭内を指差して走って行った。てっきり呼んできてくれるのかと思いきや、保母さんに抱きついて何か話した後にいきなり遊具で遊び始める。
 ここの保育園の園庭は園のど真ん中にあって、周りをぐるっと保育園の廊下が囲ってあると言う排他的な作りになってる。園庭内に侵入して姪その2をふん捕まえたいけど、入っていいのかどうかもわからない。仕方なく廊下から大声で姪その2を呼ぶんだけど、私の声は通りが悪い事もあって聞こえてない様子。
 何回も呼んでるうちに、姪その3が私に気付いて走り寄って来た。

姪その3
「しほねえちゃんだー。しほねえちゃんがお迎えに来たと?おじいちゃんが来るとじゃなかったと?」


「おじいちゃんは車で待ってるよ。(姪その3)ちゃん、(姪その2)ちゃんを呼んできて」

 姪その2と共にやってきた保母さんに挨拶をして名乗ると、姪その2はただ保育園に遊びに来ただけだと思ってたらしい保母さんに平謝りされた。「叱る」じゃなくて「怒る」の状態が、そのまんま私の顔に出てたからかもしれない。
 結局、あまりにも遅いから様子を見に来させられた姪その1に手伝ってもらって帰り仕度をしてもらってたから、全く役に立たなかった姪その2、

姪その2
「ねー、ちょっと保育園で遊びたい」

とか言い出した。


「あっそ。じゃあ先に帰るから、歩いて帰りなさいね。(姪その2)ちゃんのおやつは、私が食べてあげるね」

姪その2
「ごめんなさい。帰る」

 親じゃない私は、姪達の我が儘はかなりあっさり突き放す。しかも結構有言実行だから、姪達には効果ある。今日も3秒で決着した。自分の子に使ったら、愛情不足な子に育ちそうな方法だけど。
 そんなこんなで、姪達のお迎えはなかなか大変だった。今まで姪達のお迎えに行ったのは全部母にくっついて行って学童内や保育園内を見てるだけだったけど、今回初めて私がメインでお迎えに来た。できれば二度と行きたくないと思った。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック