忍者ブログ

[PR]

2020/02/29/04:21  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バンボへの憧れ

2009/12/08/16:54  カテゴリー/[日常]こどもがいる日常

 遠い昔のようだけど、多分3ヶ月ほど前。ぴよさんの首が据わりかけてる頃、完全に首が据わったらバンボを買いたいと思っていた。シリコン製(だと思う)の柔らかいベビーチェアで、座らせると赤ちゃん自身の体重でシートが沈んで体にぴったりフィットするというあの椅子。そのフィット感が気持ちいのか、座らせてるとご機嫌だという噂のアレ。
 たまに受け付けない赤ちゃんもいるらしいから購入前にはトイザらスとかで実物に座らせて、大丈夫そうなら買う気でいた。旦那サンにも、バンボは欲しいって何度かアピールしていた。そこに発生した旦那サンの長期出張。
 首が完全に据わる前にぴよさんを連れて実家に戻ったわけなんだけど、なんと、


近くになかなかバンボが売ってない!!!






・゚・(*ノД`*)・゚・。
もー。
これだから田舎は・・・・。






 通販で買うことも考えたけど、万が一ぴよさんがバンボ嫌いな子だったらと二の足を踏む。無駄な買い物が大嫌いな私は、やっぱり座らせてみてから買いたい。それが叶わないならどうしたらいいのか。口コミ情報を見て、買って良かったって意見がものすごく多かったら買うことにしようかと考えた。
 商品ページの口コミは信用ならないんで、よく見る質問投稿サイト「教えてgoo」を見てみた。これがまた、「買って失敗だった」って人もそこそこ。すぐに抜け出すようになったとか、うちの子は足が太いからすぐに座れなくなったとか、倒れないって書いてあったのに足に力が付いてきたら後ろに倒れそうになって危なかったとか、収納には不便とか。
 欲しいけど、買わない方がいいかなって方に気持ちが傾いていく。でも欲しい。そうこうしているうちに、 完全に買うタイミングを逃がしてしまっていた。
 そもそもバンボは、使用可能期間が短い。首が据わり~14ヶ月頃までとか書いてある。ぴよさんが首が完全に据わったのは5ヶ月になる前くらい。1年どころか10ヶ月にも満たない使用期間のために必要か!?言い方を変えよう。あると便利だけどなくてもそれほど困らない物なのに、うちに必要か!?いや、必要じゃないだろう(反語)。
 ところが先日。旦那サンとベビーザらスに行く機会があったんで、物は試しとぴよさんを座らせてみた。こ、これは・・・(ゴクリ)。






*:.。☆..。.(´∀`人)

か、かわいいじゃないか!!!








 ぴよさんは一般的な乳児らしく、大人しくバンボに収まってホエーッとしている。なんかこう、その座らされてる感がいい。お母さん、テクニカルノックアウト。ケータイのカメラでたまちゃんのお父さんのごとく写真を撮る私を見て、旦那サンは買ってもいいよと言い始めた。翌日から1週間、1人でぴよさんをお風呂に入れないといけないって日だったんで、


旦那サン
「これお風呂場に持ち込めば、1人でお風呂に入れる時に便利そうだし」


と。
 箱書き見たら「浴室での使用禁止」と書いてあるけど、熱過ぎるお湯が掛からないように気を付けて、使用後はすぐに拭けば大丈夫だろう。欲しい。でも、ぴよさんは既に6ヶ月になろうとしている時。表示通り14ヶ月まで使うとして、もう8ヶ月間しか使わない。もうちょっと使えたとしても、10ヶ月間もは使えないだろう。それに5000円とかお金出すか!?トレイ付きだと6000円(セット価格)だよ!?それにしても、座らされてるぴよさんはかわいい。
 ベビーザらスのど真ん中で旦那サンが止めるくらい凄まじく悶え悩んだ末、「無駄な買い物・・・無駄な買い物・・・」と自分に催眠術をかけて諦めることにした。その代わり、2歳くらいまで使えそうで、自力では抜け出せなさそうで、もっと重量感があって倒れなさそうな木の椅子を買った。
 で、買ったのがこいつ。
09_12_08_1.jpg

 単純で簡素こそ最良。これなら多少足が太い子だろうと長い子だろうと強い子だろうと融通が利く。ここでも自分に言い聞かせる。お風呂はバケツを使うことを思い付いたんで、何とかなるだろうとも思った。実際バケツで何とかなったし。
 あれから10日ほど。暇潰しにケータイの画像を見る度に、目に入るバンボぴよさん。欲しい気持ちが沸き上がると、「買って失敗だった」という意見を読む。私の私による私のための1人ネガティブキャンペーンは、それなりに功を成していた。
 ところが昨日、母が職場の人からバンボの良さを聞かされたらしい。何でも娘さんが里帰りついでに持ってきたんだけど、「最近はいい椅子があるんだね~」的な話になったんだとか。母は、そういやうちの娘もバンボ欲しいって言ってたなと思い出した。で、帰ってきてから



「かなりいいらしいよ。欲しいって言ってたよね。買えば良かったのに。そしたらテーブルに置いてさ・・・」


 テーブルの上にバンボを置いて、みんなでバンボに座ったぴよさんを取り囲むの図をリアルに想像してしまったらしい。私が敢えて思い浮かべないようにと頑張ってたことを・・・。フローリングにテーブル&椅子生活の我が実家は、ぴよさんをその辺に転がしてくつろぐことができない。大体、常に抱っこ。バンボがあれば・・・ってだからそれを敢えて考えないようにしてたんだってば!
 隣で聞いてた父親。何の話か知りたがったんで、バンボぴよさんのケータイ画像を見せてやった。それをチラ見した父、



「ボーナスでぴよに買ってやれば?」


と母に言う。






(☆Д☆)キラーン
え!?






 何かちょっとドキドキしてきた今日この頃。いや、ここはバンボを断っておけばもっといい物を買ってもらえるのか?それならその方が・・・。でも、バンボはもう自分じゃ買わないだろうし・・・。そもそも、この会話を母がボーナス後も覚えてるかどうかも謎なんだけど。
 うちの両親のことだから、きっとボーナスで孫達にそれぞれクリスマスプレゼント的な何か買ってくれるとは思う。バンボになるだろうか。別の何かになるだろうか。入手するか否かも決めかねてる私は、期待なしアピールなしで静観していようかと思う。 

拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック