忍者ブログ

[PR]

2020/02/26/01:19  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ひいおばあちゃん

2010/05/23/23:12  カテゴリー/[日常]こどもがいる日常

 私達一家と義妹とで、レンタカーを借りて山口県に住む旦那サンのおばあさんの家に行ってきた。ぴよさんにとってのひいおばあさん、生まれて初の対面だ。本当はもっと早くぴよさんを見てもらいたかったんだけど、なかなか旦那サンの都合がつかずにもうすぐ1歳になりそう。



ヽ(;´Д`)ノ
遅くなってスンマセン。



 おばあさんは義父から「ものすごく愛嬌がいい子。人見知りを全然しなくて、誰にでも笑う」と聞いていたらしい。かなり期待していてくれたみたいで、会うなり



(●´∀`●)
にこーっ



となったぴよさんに大喜びしてくれた。一昨年、ぴよさんがまだ私のお腹にいる時に亡くなったおじいさんの仏壇に嬉しそうに話してくれてるのを見て、もっと早く来れたら良かったな~としみじみ思う。おじいさんも、もう少しだけ長生きして欲しかった。おばあさんの家には義父の弟さんも一緒に住んでるんだけど、彼もぴよさんをめちゃめちゃ可愛がってくれた。
 最初こそ疲れた様子でポケーッとしてたぴよさんだけど、しばらくするとズリズリと座移動であちこちうろつき始めた。そんなぴよさんを見て、

おばあさん
「この子はいざるのかい!?」

と言う。座移動する子を「いざりっ子」って言うってネットで見た事あるけど、結構大きな声で言われたからビクッと驚いてしまった。



ヽ(;´Д`)ノ
な、何か悪いことでも?



と思ったけど、どうやら義父の弟さんがハイハイしないで「いざる」子だったらしく、50年近く前のことを懐かしそうに話してくれた。本当に突然大きな声だったから、驚いた・・・。
 私の親戚の中ではぴよさんみたいな移動法する子は皆無なんだけど、ぴよさんの運動能力は旦那サンの方に似るんだろうか。それとも、おじさんと同じ移動法なのはただの偶然?運動能力全般に激しく問題がある私としては、そこんとこはぜひ旦那サンの方に似て欲しいんだけど。
 今回、行く前からかなり心配してた事は、ぴよさんに離乳食をしていない事。戦前の育児では離乳食は2~3歳からやってたらしいけど、おばあさんは戦後に子供を産んだ人だ。既にアメリカ式の育児が入ってきた頃だから、今現在厚生労働省が掲げてる育児指針とそう変わらない子育てをして来た人だと思う。
 西原式育児やってる人で、自分もしくは旦那さんの親から

「そんなんじゃ味覚が育たない」
「顎が育たない」
「好き嫌いが増える」
「だから成長が遅い」
「育児を放棄してる」
「間違った育児をしてて恥ずかしい」

等、言われる人はかなりいるらしい。
 旦那サンの両親は私の方針に理解を示してくれてるけど、おばあさんはどうかな・・・。怒られたら嫌だな・・・。なんて思ってたんだけど。



ヽ(^◇^*)/
めちゃめちゃ褒められた。



 しかも授乳してるとこを見て、

おばあさん
「まだおっぱい出るんかい。そいならおっぱいがええがな。
うん。それがええ」

としみじみ言ってもらえた。
 本当、旦那サンの方の親戚は理解があるわー。ネチネチ責めてくるのは私の親だけ。来週末は私の実家で法事があるから親戚が集まるけど、何て言われることか・・・。旦那サンのおばあさんが褒めてくれて嬉しい反面、来週のことを思うと今から気が重い。
 ところでおばあさんは、旦那サンに子供ができて一安心と思うと同時に義妹のことを心配している。

おばあさん
「ともちゃんはまだ結婚せんのかね?
まだ?何歳やったかね?
25歳か。ならまだええな。
ばあちゃんが生きてる間に結婚してさえくれたらええ。」

と言う理解あることを言っておいて、義妹がトイレに立ってる時に私に

おばあさん
「ともちゃんはああ言いよったけど、本当に彼氏とかはおらんとかね?」

と真剣に聞いていた。



(;´Д`A ```
昭和一ケタ生まれのおばあさんが、「彼氏」って・・・。



と思うと同時に、心配してるおばあさんに嘘も方便で彼氏いる的なことを匂わせて安心してもらうべきかと少々悩む。でもどう言ったらそれっぽく聞こえるかわからないし、「彼氏いるって聞いたけど、いつ結婚するんじゃろうか」と心配を増やしても良くないかと思って正直に言った。ちなみに旦那サンは、「たかじんのそこまで言って委員会」をへらへら笑って見ていた。
 雨も強くなってきた事だし、そう遅くならないうちに帰ることにしたんだけど。おばあさんが何度も何度も来訪のお礼を言ってくれるのを見てて、もし私のおばあちゃんが生きててくれたら・・・ってちょっと思った。私達兄妹は同居の内孫。孫達の中でも一番可愛がってもらったという自覚がある。結婚遅くてごめん、おばあちゃん。でも、兄の子は見れたんだよなー。私は兄と仲悪いし大嫌いだけど、その1点に関してだけは感謝してる。
 それにしても、旦那サンのおばあさんは80歳だというのに元気だなぁ。体もしゃっきりしてるし、顔色いいし、頭の回転も速い。是非とも長生きして欲しい。
 福岡に帰って、そのまま旦那サンの実家で夕食をご馳走になった。行きも帰りも一人で運転してくれた旦那サンは、ちょっとぐったりしていた。合計6時間だもんなぁ。今度行く時は、旅行がてら1泊くらいしてもいいんじゃないかなぁ。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック